おいしいものが大好きな私は、噂を聞けばわざわざ買いに行き、おいしければ何度も通い続け、友人知人に押し付ける事もしてきました。またおいしいもの好きを知っててくださる友人知人から、めずらしいおいしいものを頂戴する事も多いのです。大橋歩

『銀座菊廼舎(きくのや)』の「富貴寄」

お雛さまのお供えのお菓子の一つです。豆まきが終わって1週間ぐらい後にお雛様を飾りました。お供えのお菓子を買いにデパートに行きましたが、早すぎたせいかまだ揃っていませんでした。ならばそれらしいのを探そうと思って見つけたのが『銀座菊廼舎(きくのや)』の「富貴寄」の小さい方の缶入。まずはこのお菓子からお供え。うちのお雛様は小さいのでちょうどでした。

20/02/18

粒あんと黒蜜寒天

成城の『あんや』の粒あんと黒蜜寒天です。まず粒あんから。あまり甘くありません。さっぱりした甘さです。そのさっぱり甘いと言うのが好きです。茶巾絞りにしてお薄でいただくにも美味しい。焼き餅に挟んだりしても食べます。もう一つの黒密寒天はパックに流し込んで固まらせた寒天と黒蜜シロップセットです。寒天はおさじですくって食器に入れて黒蜜をかけます。さっぱりと美味しいです。

20/02/12

ロールケーキ

成城アルプス洋菓子店のロールケーキはバタークリームが挟んであります。バタークリームは生クリームのより味がちょっとしつこいかも知れません。でもアルプスのは程よい量だからスポンジ生地といいバランスです。カットのも売っていますがこれは3個分で小サイズ。中サイズと大サイズもあります。実はアルプスではお買い物をするたびにメンバーカードの点数が増えて、満点になると千円券をもらえます。このバターロールは千円だから換えてもらいました。

20/02/04

アメリカ生産と日本生産

アメリカからの頂き物。オレンジ。昔々オレンジなる果物はとても高級品だった頃、ニューヨークの知人のアパートでは暖房の入っていない食料品を置いている部屋に大きなオレンジがたくさんストックされていました。当時(1966年10月〜67年2月)食後の団欒の時そのオレンジをバリバリむいて食べるのが私には贅沢で嬉しいことでした。その知人がいつの頃からかアメリカ産のオレンジをクリスマス時期に送ってくださいます。変わらずおいしい。私は今はこのようにして食べています。

20/01/28

オレンジの蜂蜜とプラムとフェンネルのジャム

蜂蜜は固まってしまうようなのが好きです。稲垣商店のイタリアの蜂蜜も大好きだったけど、左の大瓶のやはりイタリアの蜂蜜も好きでした。が、以前購入した時ちょっとしたうれしくない思いをしたので、リピートを休んでいました。久しぶりに購入。ジャムは最近また食べるようになりました。このジャムは頂戴したものです。まだ頂いていません。今食べているアオハタの苺ジャムとブルーベリージャムが無くなったら次にこれを食べる予定です。楽しみ。

20/01/21

鳩サブレー

鎌倉の豊島屋の鳩サブレーはずーっと好きです。自分が好きだとすぐ人にあげたくなる私は、48枚入りの缶(大きな缶でそれもあげたい気持ちだった)入りを子供のいる知人に送った事がありました。でもそこの子供は卵だか小麦粉だかのアレルギーがあり、親御さんは困られたと後から聞いて、自分が好きなもの、いいと思うものを押し付けてはいけないとすごーく反省しました。でも懲りずに鳩サブレーを人にあげています。ただあの大きな缶入りのを喜んでくれそうな家族がまわりにいないのが寂しいです。

20/01/14

お菓子の名前が分かりませんが

京都のボンモルソーさんでいただいたお菓子です。パッケージから出すと透明の袋に入ったものは丸い平らな形のとくるみの実のようなくにゃくにゃした形の2種類でした。丸い平らなのは何度か食べたことがあるような味でしたが、くるみのような形のは細かくしたナッツが入っていまして初めてでした。どちらも白いのでクリスマスにもお正月にも向いているお菓子だと思いました。それにしてもすばらしいお菓子を頂戴する事が多く、幸せです。

20/01/07

ガレットデロアのこと

フランスで1月6日の公現節に食べるお菓子だそうです。中にフェーブ(陶器の人形など)が入っていて、家族で切り分けて食べる。それが入っていた人は1年間幸運があるという。紙でできた王冠がついていてフェーブが当たった人はそれを被る。アーモンドクリームペーストが入っているパイです。この写真のパイはフェーブが入っていません。アーモンドペーストのパイは普通のパイ菓子として作られ販売されています。フェーブが入って王冠がついているのは年が明けてから1月10日ぐらいまでフランス菓子店で売られます。

19/12/24

パネットーネ

12月になるとイタリアの大きいカップケーキのような形のパンのようなお菓子のようなのを買ったり頂いたり。ここ数年これを食べないとなんだか12月がきちんと終わらないような気さえしています。何年も前に東京の駒場にあるイタリアの食材屋『ピアッティ』でおすすめで買って以来病みつきになったのです。イタリアのダニエラさんに頂いたり、京都の『タントタント』で予約したりしてみんなとワイワイいただいてきました。今年は久しぶりに『ピアッティ』の1キロのです。

19/12/17

外国の味のくだもの

洋梨は西洋の梨ということだと思う。日本の梨は幸水とか豊水とか21世紀とか、みずみずしくさわやかな味の梨です。洋梨のラフランスは熟するとお菓子のような舌触りで味が濃い。この前A店で買ったのとB店で買ったのと食べ比べたら、後味や甘味が違った。生産地によるのだと思った。イタリアンレストランでモッツアレラチーズのようなのと一緒にお皿に盛られてきた洋梨は、絹のドレスを着た貴婦人のような味がしました。 最近面白がって買ってみた小さなバナナですが、ベトナム産チュイバナナだそう。ムッチリ濃い味のバナナでした。バナナは輸入品だから100パーセント外国味です。

19/12/10

クリームパンとジャムパン

町のパン屋さんでは必ず作っているクリームパンとジャムパンを今はほぼ買いません。まだあんぱんの方が親しい。でも通りかかったパン屋でふらっとクリームパンを買いました。おいしかったのです。このパンやのがおいしいのだと思います。どこの町のパン屋のもおいしいというわけではないと思います。いってみれば「あたり!」でした。それで何十年も買った事も食べた事もないジャムパンも、クリームパンのおいしさにつられてつい買ってしまいました。これもおいしかった!ふんわり柔らかいしっとり感の甘くない味のパンに、いちごジャムの甘さがいいのだと思いました。

19/12/03

栗入り大福

京都での頂き物です。京都のイオプラスショップにいると、おいしい頂き物をする時があります。これはアクセサリー作家の山田さきこさんが通りがかった和菓子屋さんで買って来てくださった栗入り大福。見かけは素朴ですが粒あんは甘さ控えめで栗もおいしく、思いがけない上品なお味の餅菓子でした。大層な箱入り和菓子ではない、庶民的なまっすぐなおいしい和菓子が好きです。

19/11/26

イタリアのおみやげのかわいいお菓子

ちいさなつぶつぶのお菓子が缶に入っています。どう説明すれが分かってもらえるのかな?かむとけっこうパリッと音がします。何度か頂戴しましたが缶の大きさや形は同じなのですが、絵や文字が違いました。中に入っているお菓子の味も違います。赤ずきんちゃんの絵のは初めてもらいましたが、女の子に似て甘い味で他のより柔らかかったのです。

19/11/19

東北地方名物の笹餅です。

いただきものです。チョーカー作家のshinoさんが日本に帰って来られて数日後お会いしましたが、その時「笹餅大好きで見つけると買います」とおっしゃって、私にもくださいました。私は西の出身だから買って食べたことがありません。でもshinoさんは横須賀がお家だけどねえ。まあきっと最初にいい出会いがあると遠くの名産も、shinoさんのように見つけると買ってしまうようになるんだと思います。笹の葉がいい匂い。贅沢にも笹の葉3枚でこの小さなお餅は大事にくるまれていました。餅はよもぎです。餡は粒あづきです。おいしいに決まっています。

19/11/12

割れかりんとう

頂き物です。名の通ったお菓子屋のではなさそうな。でも食べたらおいしかった。有名な『東京銀座のたちばな』のかりんとうを先日頂き、食べたらとてもおいしかったけど、かりんとうなる物をわざわざ買って食べる事はありません。この面白い形態に魅かれてちょっと食べてみました。『たちばな』のかりんとうとは違う味でしたが、なかなかおいしかったのです。

19/11/05

人形町の寿堂の黄金芋

明治から続いている京菓子だそうです。肉桂の粉がまぶしてあるので肉桂の香りがたっぷりする焼き菓子です。ずいぶん前に人形町の店に買いに行ったら、靴履きの客の立つ場より高い板の間の売り場で、いちいち膝をついて応対して居られるのを見て、いい感じと思ったことがありました。箱入りは版画のような絵の紙の包装がとても可愛い。私は都内のデパートの名菓のコーナーで袋入りを買いました。

19/10/29

栗きんとん

栗きんとんです。岐阜の『すや』のです。頂き物です。頂いたらなるべく早めに食べます。日が経つとちょっとかたくなるような気がします。ほろっと柔らかいうちに食べるのが私は好きです。甘さは押さえてあるようで栗の味がくっきりします。後味もさっぱり。それが特徴でしょう。あまり上等すぎないダージリンのような紅茶と頂くのも好きです。同じ栗のお菓子も外国が由来のマロングラッセ(これはイタリアから送って頂いた)はお砂糖をたっぷりの濃厚味。私は渋めの紅茶をストレートで頂きます。栗の季節です。

19/10/21

ショートブレッド

お菓子の名前は知っていましたが、どんなお菓子か知りませんでした。ウオーカーのショートブレッド(フィンガータイプ)をイギリスに行った人からお土産で頂き、初めて食べました。ショートブレッドはスコットランド生まれのお菓子だそうです。味は塩がきいています。クッキーは甘くて塩味はほぼ感じません。クッキーにはたまごもミルクも入っているけど、ショートブレッドは小麦粉、バター、砂糖、塩だけで作られているそうです。頂かなかったらショートブレッドの味を知らないでいたと思います。

19/10/15

フルーツ果汁のゼリー

これはイタリアのお土産に頂いたフルーツ果汁のゼリーです。イタリア語ではなんてよぶのかな?たしかフランスにもあるお菓子です。砂糖をまぶしてあるのでかなり甘い。おいしいけれど一つ食べるとなかなか二つ目には手が伸びません。いろいろ食べたいので四種類を四分の一に切ってお皿に入れておきます。ちょっと甘いのが食べたい時につまみます。来客にもこのように切って出します。つまみやすいように楊子をつけてお出しします。

19/10/08

どらやきの食べ方

どらやきも店によって味が違いますね。「ここのは好きだけどあそこのは甘すぎて好きではない」「店名が同じでも作っている店が違うと皮の風味も小豆餡の味も違う」等といったようにどら焼きもいろいろ味です。おいしいどらやきはあんこ好きにはたまりません。私は大きいどら焼きはこのように4つに切ってお客さんに出したりもします。自分もこのようにして食べます。大きいのをいっぺんには食べきれません。

19/10/01

おはぎ

バスに乗っていました。桜新町駅の一つ手前のバス停あたりで女性が並んでいるのが見えました。何かな?覗き込んだけどわかりませんでした。桜新町辺りに詳しいKさんに聞いたらおはぎやさんだそうでした。とても評判の良いおはぎやさんらしいのです。行ってみました。テーブルの上に木箱がずらっと並んでいて、その木箱が超素敵。そしてそれぞれの木箱には違う種類の和菓子のようなおはぎが入っていました。7個選ぶと丸い容器に入れてもらえます。私はスタンダードの粒あんのおはぎを頂きましたが、甘くなくて上品でおいしかったのです。このお店の名前は『タケノとおはぎ』どういう意味かわかりません。

19/09/24