このページでは、大橋歩が日々の出来事や感じたことを綴ってゆきます。

海大臣
印刷が緑色の「壱」にしました。青も黒も茶色もー今年は12種類あるらしいので12種類の色があります。違いは採れた場所らしい。30枚入っているので安心して食べられます。というか沢山入っているからどんどん食べてしまうんですね。ちなみにレタスサラダにもぐちゃぐちゃにちぎったのをのせて食べるのが好きです。
海大臣

久しぶりに京都に行きました。土曜日にほぼ日「TOBICHI 京都」に行ってみようと、12時過ぎに室町通の私の住処を出て歩き始めました。結構暑い日だったので、四条通りに出て地下に潜って歩いて、燗屋で地上に上がり、河原町通を南下。「ミナ」の店ができる前から寿ビルは5階の「ギャラリーギャラリー」と「メリーゴーランド」に行っていましたし、「ミナ」が出来てからは行く回数が増えていました。「TOBICHI 京都」が出来たので寿ビルがもっと楽しくなりました。天井が高く窓が大きい気持ち良いお店でした。いっぱいお客さんがいて、何を買えば良いのかわからなくなって、いつものおいしい海苔にしました。「海大臣」はニューヨークの友人にも送っています。

海大臣
鹿児島睦さんのイラストの紙袋に入れてもらえました。横長の大きい方の紙袋を持った方がイオプラスに何人も来て下さいます。ありがたいです。

17/06/27




オイルサーディン
バゲットにクリームチーズをぬって、温めたサーディンをのせて食べるのが好きです。ガーリックトーストに温めたのをのせるのもおいしい。残ったらオイルごと鍋に入れて醤油を入れてちょっと煮ると、ごはんのおかずになります。
オイルサーディン

ずいぶん前から「オイルサーディン」は『天の橋立』のが好きです。というのも身がしっかりしていて崩れにくいし大きさが揃っているのです。だから使いやすいのです。久しぶりに思い出してスーパーマーケットでさがしたのですが、『紀伊国屋』にも『石井』にも置いていませんでした。売っているお店は代官山の『代官山パントリー』と知っていたのですが、駒沢に会社を移してから遠くになってしまいました。渋谷に用があったので買いに行きました。

オイルサーディン
パントリーでついでに買ったもの。試しに小さな(少量)ツナ缶詰め、稲垣商店輸入のアンチョビペースト、オーガニックドライトマト。

17/06/20




77歳!小鉢家から頂いたプレゼントです。小鉢パパの手作りの木箱です。
77歳!

とうとう77歳になりました。本人は特別と思っていませんでした。昼過ぎに会社に行ったら2つもプレゼントを頂いておりました。恐縮しました。メールも2通来ていました。1週間ぐらい前にはイタリアのダニエラさんから「おめでとう」とお菓子を下さっていました。恐縮しながらもにこにこしてしまいます。ありがたいことです。

77歳!開けると本が入っていました。かおりさん(月夜ちゃんのママ)の話に寄ると、ずいぶん前からこの本と決めていたとのこと。
77歳!本を箱から出しました。そしたら! 箱の底には! 超かわいく描いてくれた歩さんの絵じゃないですか! 月夜ちゃんが一生懸命描いてくれていました。ものすごーく上手! お目目も大きくお鼻もすーっと通っていて、お口もくっきり小さく、それからしわもなく超かわいく描いてもらえてました。すごーい! うれしい! 月夜ちゃんすごーい! 中学2年生ですよ。今習っているのはバレーとピアノ。絵は習っていませんよ。ママは絵描きさんですし、パパは彫刻家ですけど、だからといって子供も上手ってことはないですよ。5月の連休に富浦の夫のアトリエで月夜ちゃんは夫を描いてくれました。それが本当に良い絵だったのです。私も描いてもらえて幸せです。フフフ、若くてかわいすぎるけどうれしいです。
77歳!本の中をちょっとだけお見せします。ページを開くと立体ができるんです。あかまるがどのページにもかくされています。  
77歳!もうひと見開き。いろいろ仕掛けがあります。鈴木笑子さんもきっとお好きだろうと16日にショップに見せに行きました。やっぱりお好みの絵本でした。
77歳!もう一つ77歳「寿」として頂いたオリーブの枝です。いつもいつもお世話になっている方からです。こちらがお世話になっているのに頂戴してものすごーく恐縮しています。でもでもとてもうれしく幸せです。このオリーブの枝は『そら植物園』から送ってくださっていて、オリーブについていろいろ書いたカードが添えてありましたが、長寿の樹なのだそうです。ずいぶん前仕事で南仏に行った時、たしかルノアール(だったと思う)の家のまわりがオリーブ畑になっていたと記憶しています。太陽の強い日差しを反射しないですいこんでしまうようなマットな緑色の葉の樹が南仏の思い出の一つです。オリーブの樹はエネルギーを与えてくれる気がします。ありがたいです。

17/06/18




鈴木笑子さんのバッグ
私の買ったのです。鈴木さんの作品の中では普通かな?
鈴木笑子さんのバッグ

鈴木笑子さんのバッグ展が始まりました。昨日の夕方千佳さんとショップに行きました。千佳さんは決めていたのがあって、でも迷っていて、結局後で欲しくなったのにしていました。両方ともとてもいい感じだったのですよ。私は手提げとショルダーを迷って、持ちやすいのでショルダーにしました。話が変わりますが、今日小鉢家から私に誕生日の贈り物が届きました。その写真はまた明日にしますけど、鈴木さんがお好きそうだったので見せにショップに行きました。そしたらこの前京都のイオプラスにおいでいただいた素敵な方がご来店下さって、すっごく面白いのを買ってくださいました。魚のエイのようなのです。ちょっと座布団のようなのです。でも物を入れるとグンと下がってまわりについた四角だったり長四角だったりの出っ張りが立体的になるのです。バッグはいろんな物を入れて持ちます。だから物を入れてみた方がいいことがわかりました(スタッフノートにショップのスタッフがあげると思う)。今日は勉強になりました。

鈴木笑子さんのバッグ
ショップスタッフが持ってくれた千佳さんが選んだ手提げのバッグです。もうちょっと明るいです。

17/06/17




調味料とか 醤油を変えると煮物の味が全く変わります。
調味料とか

うちの会社で縫う仕事をしてくれている阿部くんという男性が、出身の北海道の醤油を使っているといいます。私はたなかれいこさんの「食のギャラリー612」で知った『海の精 生しぼり醤油』を使ってずいぶん長くなりました。日本人にとって醤油は大事な味覚の基。それぞれの家の味は醤油で決まると思います。最近成城のマーケットにも出始めたので買いました。カットトマトの缶詰も買いました。ラタトゥイユには欠かせません。代官山のチェリーテラスでは オリーブオイルとオレンジの蜂蜜を買いました。すぐなくなるのでどちらも大きいビン入りです。ほぼ一人暮らしなのに3食うちご飯だと調味料等の減りが結構早いのです。

調味料とか配達してもらったので6個も買いました。
調味料とかオリーブオイルはいろいろ試します。頂くのも多いです。頂いたのが残り少なくなりましたので、買い足しました。
調味料とかオレンジの蜂蜜は白濁して固くなります。私はあれが好きです。

17/06/13




シャツ
サルエルパンツやバルーンパンツに合わせようと思っています。
シャツ

ずーっと変わらず好きなシャツです。メンズシャツ用の手触り抜群にいい生地で、普通のシャツを少量つくりました。買いました。まだお客さんに買って頂けていないうちにです。私の子供の頃、田舎に引っ込まなければならない事情があった和菓子屋をしていた祖父が、そんな場所では売れないのにいろんな和菓子を毎日作っておりましたが、一個でもお客さんに買って頂けないうちはだれももらえませんでした。このシャツを買ったら久しぶりに祖父を思い出しました。それから私が好きだったのは祖父のあずきの餡で、冬に雪が降ると茶碗に雪と餡を入れて氷金時として食べました。それは雪の季節の公認でした。そろそろかき氷の季節です。

シャツ
シャツだけの写真ではさびしいと思って、椅子を置いて撮ってみました。実はハンガーを掛けた釘はいつもは海の写真の額を掛けています。シャツには関係なさすぎのセッティングですが。

17/06/06




家で使う道具調理する時の素材を入れる皿みたいなものだと思います。ピーマンを切ったの、肉に下味をつけたのなど、準備に使うのだと思う。掛けておける手がついているのが便利な特徴です。うちはなんでも仕舞っておくので台所に掛ける場所がありませんが。(松野屋)
家で使う道具

まず先週の続きの京都松野屋さんで買った台所で使うものと、うちの近くで買った台所とお風呂掃除で使うものです。私の趣味の一つに掃除道具があり、一時はブラシマニアでした。今はマイクロクロスのような新しい素材のが出て来たので、蒐集はやめて新しいものをチェックが趣味になっています。それにしてもこの手はピンクやブルーの主婦好きとされている色物が多いので悩みでした。でも今回の買い物は無彩色です。

家で使う道具台所で使います。左の白い長方形のはマイクロファイバークロスのスポンジで、皿や鍋を洗います。右の黒い丸形のはPET糸(よくわからない)の生地の中にやはりスポンジが入っています。これはシンク洗いだそうで、水だけできれいになるそうです。
家で使う道具お風呂掃除道具です。タイルの目地掃除にはブラシ、洗い流した後はスキージーで水滴を取る。ちなみにスポンジもスキージーも KEYUCA 河淳株式会社とありました。

17/05/30




ポーチ
一応革です。お安いですからシンプルです。ティッシュペーパーとかウエットティシュとかハンカチとかのど飴とか、バッグの中で迷子になってしまうモノ入れに使おうと思います。
ポーチ

京都のイオプラスの近所にあの東京谷中『松野屋』さんの店ができました。生活雑貨特集の雑誌等で見て東京本店に行きたいと思っておりましたが、一度も行ったことがありませんでした。京都のコンパクトな松野屋さんの商品のセレクトがすてきです。つい買い物をしてしまいました。今週のは松野屋さんでわざわざ買う事もないポーチです。今の私には生活道具はもう増やせませから、もっと前に出合っていたらよかったのにと思いながら。でもまあ他にも数点買い物をしましたのでそれは後日に。

ポーチ
既に使用しているポーチとサックです。左上の化粧品入れとその下のペンケースは江面旨美さんにいただきました。前にも自慢したかもしれない。右上はメモリーカードやカメラの予備のバッテリーや電池などを入れています。その下の赤い布のサックはダニエラさんから拡大鏡を頂いたのですがそのケースで、今はイヤーホーン入れです。

17/05/23




送るお菓子、スタッフのおやつ菓子『虎屋の羊羹』が大好きな友達。今回はカステラも。それからちょっとだけおせんべいも。
送るお菓子、スタッフのおやつ菓子

たくさんのお菓子の買い物です。50年前に初めてニューヨークに行って以来、お世話になり続けている年上の友人ご夫妻の、好物の『虎屋』の「夜の梅」をようやっと買いました。買い物にデパートに行くけど羊羹を買うのを忘れてしまうのです。でもスタッフのおやつだけは忘れない。今日はバームクーヘンです。それからホームページでお世話になっている吉本由美さんと、次回の「大人のおしゃれ16」で取材させてもらった方に、『オーボンビュータン』の「サレ」をわざわざ尾山台まで行って買いました。あげるお菓子を買う努力もとても好きです。

送るお菓子、スタッフのおやつ菓子食べ始めるとやめられなくなる『オーボンビュータン』のパイ菓子の「サレ」は大人の人にお礼に送ります。
送るお菓子、スタッフのおやつ菓子今日のスタッフのおやつは目の前でスライスしてくれたバームクーヘンです。

17/05/16




初夏用ジャケット襟が丸くてほんとにガーリーです。でもね私のような小さいおばあさんなら大丈夫と思います。
初夏用ジャケット

仕事をしているとジャケットが必要です。裏付きの冬も着られるジャケットは何枚か持っていますが、初夏に着る薄手で裏なしのはほぼ持っていません。『コムデギャルソンガール』のこの2枚のジャケットは、『ガール』ブランドだからいささか躊躇。でも着てみるとなで肩の私にはちょうどよく、買ってしまいました。

初夏用ジャケットちょっと大人っぽいと言えば言えそうな襟です。襟の形でずいぶん印象は違います。私はラベルについたボタンをして閉じて着る事が多いので、あまり代わり映えがしないかも知れませんが。
初夏用ジャケットこれは安全ピンです。これを買った日安全ピンだけ4つぐらいして行きました。そしたら青山店の佐々木さんがいっぱい安全ピンをして、一本だけコムデギャルソンの金色のをしておいでで、まねして金色のを買いました(大きさはいろいろあります。私のは小さい方の。もっと小さいのもありました)。銀色のは佐々木さんはコンビにで買われたそうですが、私のはクリーニングした服なんかの表示についていたり、プライスカードをとめてある安全ピンをためているのでそれを使ってきました。

17/05/09




しょうぶ学園の「工房しょうぶ」の布バッグ
今年のバッグです。使って洗うとまたまたいい感じになるのです。うれしいです。
しょうぶ学園の「工房しょうぶ」の布バッグ

4月に京都イオプラス「工房しょうぶ」の布バッグとTシャツとブローチ展をさせてもらいました。バッグとTシャツの絵はコオリヤマヨシカズさんの絵で、スタッフの方が仕上げをされていると聞いていますが、なんともおしゃれです。私は以前買ったのを愛用していますがまた新しいのを買いました。布は薄手のシーチングです。この薄さがなんともいい感じで好きです。

しょうぶ学園の「工房しょうぶ」の布バッグ
これは2015年京都ミナペルホネン+ギャラリーギャラリー+イオプラスの『しょうぶ学園展』でイオプラスで買ったものです。相当使い込みました。「GOOD!」です。新しいのも前のも後ろ側には英語の言葉やブランド名が書いてあります。

17/05/02




ペーパーウエイト一番長いところで5センチ3ミリ、高さは3センチほど。でも鉄ですから重さはあるのでパーパーウエイトになります。
ペーパーウエイト

これはネットでの買い物です。実はずいぶん前、代官山パントリーで働いていらっしゃった方で、やめられてビンテージの家具やら食器やらの、生活用品のネットショップを立ち上げられたのを聞いて、保存した古いPCを京都に置いております。先日久しぶりに開いてみました。私は最近モノを減らす努力していますが、この小さなペーパーウエイトは欲しくなり買いました。鋳物(鉄を型に流し込んで作る)です。

ペーパーウエイト一応裏には安定させるためのボッチが2個ついています。でもこれを使って置く形はそんなに好きではなかった。
ペーパーウエイト真横から見るとルーマニアの彫刻家ブランクーシのカップの木の彫刻を連想させる形と私は思いましたよ。(パリのポンピドゥー美術館には別館というか小さい離れみたいなブランクーシ美術館があります。でもカップはそこにあったかどうかわかりません)

17/04/25




口紅とリップクリームこのシンプルなパッケージ! 一般的に化粧品が高いのはパッケージ代にお金がかかっているかららしいです。まあ夢を売る商品だから当たり前と言えば当たり前です。メーカーは「コンテス」です。
口紅とリップクリーム

4年前にちょっと病気をして以来、口紅をぬらなくなりました。それまではシャネルの真っ赤な口紅だったから、印象は変わったと思います。冬にリップクリームをぬっていますが、ほんのちょっと色がついても良いかな?と最近思い始めて、時々両方をぬってみます。あんまり変わり映えしないんですけど。アレルギーで化粧品に気を遣っている知人に教わった化粧品に私も換えましたが(私も化粧品アレルギーです)、その化粧品メーカーの口紅を先日買いました。

17/04/18




刺激されて私もお弁当
サワラの塩焼き、にんじんとツナの炒め煮、卵焼き、ブロッコリーの塩ゆで、梅干しとご飯。
刺激されて私もお弁当

去年からお弁当を持って行きます。「パパが作る月夜ちゃんのお弁当」に刺激されて。作るよりそれを写真に撮る方が私は面倒です。で、これは少し前のお弁当。料理に寄っては保存容器に入れて会社でお皿に移して食べたりしています。肉類は食べないのでメインが魚。照り焼き、塩焼き、ハーブ焼きなど同じ鮭の切り身も味を変えるしかありません。でも前にお買い物でお見せしたグリルがあるので、今は面倒ではありません。お昼はお弁当が一番です。だから粟辻早重さんのように会社のまかない係になるのが夢です。

刺激されて私もお弁当
鰤の照り焼き、干ししいたけの煮物、あげと切り干しの炊いたの、ブロッコリーの塩ゆで、梅干しとご飯。

17/04/13




紅茶『ティダブリュジーティー』です。自由が丘にお店があるそうです。ミルクティ用のアッサム系2種類とダージリン2種類。しばらく安心です。
紅茶

めったにコーヒーは飲みません。紅茶党です。日本茶はご飯と焼き魚みたいな時にほうじ茶です。紅茶は朝ミルクティで飲みます。昼と夜はダージリンをストレートで飲みます。家ではその他の飲み物は飲みません。ほぼジュースも飲みません。それで紅茶は切れるのが不安。買うときはまとめ買いします。それから贅沢する事もあります。でもまぁ私にしたら程度ですけどね。『マリアージュ フレール』のは私には贅沢な紅茶です。でもたまには買います。『ルピシア』のは渋谷のデパートで買えるので買う事が多い。この前玉川燗屋B1で、前に知人からもらった紅茶『ティダブリュジーティー』を見つけました。で、買いました。紅茶の茶葉の匂いが大好きです。

紅茶実は『マリアージュ フレール』のお店を通りがかったら買うつもりで空の袋を持って歩いていたところでした。『ティダブリュジーティー』の売り場の前を通りがからなかったら買わなかったと思う。それから今ミルクティで飲んでいるのは『ルピシア』のです。これは『シロニバリ』ですが『ニルギリ』も飲んでいました。そうだ『ダルマ』というフレーバーティをどなたからか頂いて好きだったので時々買っていました。『ダージリン』はファーストフラッシュという緑の葉が混ざったのが好みです。
紅茶紅茶のカップです。左が『ロイヤルコペンハーゲン』で朝のミルクティ用、右は『ウエッジウッド』で朝以外のストレート紅茶に使っています。どちらも業務用。昔買ったもので今はどこで買えるのか知りません。

17/04/11




靴2足
タッセルのスリッポンシューズ。コムデドクターマーチンのはこれで5足目かなあ。たしか2足は踵が減って処分。
靴2足

先週コムデギャルソンでコラボのドクターマーチンの靴を2足買いました。もともとのドクターマーチンの靴はあめゴムのような底だから、なんていうか一般的な靴でした。ずいぶん前から日本に入っていて、そうですねえ、30年ぐらい前はトラッドっぽい服装の知人の女性が紐靴を履いていましたし、夫も紐靴を履いていたことがありました。それがコムデギャルソン版が出来てから急にファッション性の高い靴になりました。コムデギャルソンがなにかを加えるとこうもちがうのです。

靴2足
ショート丈のサイドゴア。私はあっちこっちに仕事で出歩きます。足の形が悪い事もあって靴がすぐくたびれるので、気に入った靴があると買ってしまいます。

17/04/04




Starter-Kitドイツ製です。女の子供の初めての大工道具。
Starter-Kit

六本木アクシスビルの「リビングモチーフ」に久しぶりに行きました。1階と2階と地下1階まんべんなく見て回りました。それで買った「Starter-Kit」大工道具(編)です。お店の人の説明に寄ると裁縫道具もあったそう(売り切れ)。大工道具は女の子、裁縫道具は男の子向けだとか。フエルトの生地に開けた穴に赤いゴムが通っており、それにそれぞれの道具がはさみこめるようになっています。フエルトをぐるぐる巻いて紐でおさえてしまいます。子供用ですが私は京都のマンションの大工道具にします。

Starter-Kit開けるとこのように道具が入っています。
Starter-Kit左のポケットの中には釘が入っていました。真ん中の赤い道具はドライバーで中にプラスマイナスのドライバーの先が入っていました。私はこういう子供道具大好きです。

17/03/28




ありがとうございました!今一番おいしい果物の一つがいちごです。私はイチゴショートケーキが大好きです。この絵はどなたに行くんでしょうね。
ありがとうございました!

ほぼ日 「生活の楽しみ展」に食べ物の絵を出品させて頂きました。抽選という事でたくさんの方が参加して下さいました。本当にありがとうございました。また「生活のたのしみ展」にお誘いくださり、すっかりお世話になったほぼ日さんに心よりお礼申し上げます。良い機会をありがとうございました。

17/03/27




ほぼ日の『生活のたのしみ展』 shinoさんのチェコのベレー帽にshinoさんのビーズの飾りが付いているのを買いました。キャメル色の帽子の色と優しいブルーのビーズの色がなんとも素敵! 買いました!
ほぼ日の『生活のたのしみ展』

本日から3日間六本木ヒルズで『生活のたのしみ展』始まりました。朝から会場に行っていましたが、ものすごーいお客様でした。私の絵のところにもたくさんの方がおいでくださいました。ありがとうございました。絵はお申込みいただいて抽選だそうです。すみません。まだ明日も明後日も開催されています、見においでくださいませ。

ほぼ日の『生活のたのしみ展』それから折りたたみ傘を買いました。シルバーのはサンブロック(涼しくUV対策)。迷彩柄のはしっかり撥水加工の傘です。
ほぼ日の『生活のたのしみ展』奈良の『Ponte de pie!』さんに頂いた赤いソックス。嬉しい! しっかり足にフィットするように作られていて感激しました。ありがとうございました!
ほぼ日の『生活のたのしみ展』またまた頂いてしまったなんと限定500個のクッキーボックス。これを買う人が朝からずらーっと並んでいました。並んでお買いになったお客様につい「よかったですねえ買えて」と何回も言ってしまって。そしたらくださったんです! もちろんご遠慮したのですが、結局いただきました。それを会社に持ち帰り早速みんなで「今日はもったいないからクッキーだけ」と言っていただきました。おいしい!!! こんなおいしいものを取り上げてしまって、すみませんでした。お名前伺いませんでした。ここでお礼申し上げます。それから「なかしましほさんおいしいをありがとう!」『生活のたのしみ展』て、すごくよかったです。

17/03/24




魚を焼く 向かって右が10年ぐらい使用の魚焼器。3代目です。後始末が結構大変。左は今回買ったガスの上に置いて使うロースターグリルです。小さいのも気に入っています。
魚を焼く

ずーっと魚焼き器のついていないガスレンジを使っています。だから長年電気の魚焼き器で焼いてきました。今はほぼ一人暮らしなのでフライパンで焼いています。この前「池商(キッチン道具)」の通販カタログで中火のガスで魚も焼けるロースターグリルを買いました。特徴は蒸し焼きにするからふっくら仕上がります。後始末が楽そうで買いました。実際使ってみたら簡単で早く焼けて確かにふっくら。野菜も焼いてみました。いろいろ料理も出来るそうですがまずは魚がおいしく焼けるのがうれしい買い物でした。

魚を焼くレシピ通りに焼く。上は甘塩鮭はらみの切り落としで、下は鮭の照り焼き。まず焦げ目をつける。
魚を焼く次にまわりの溝に水を入れ、蓋をして2分。
魚を焼く焼き上がりました。食べてみると今までの魚焼器で焼いたの、フライパンで焼いたのとははっきり違いました。ふっくらおいしいです。

17/03/21




眼鏡のフレームとレンズ
「のびたくんのおばあさんみたいだ」といいながら買ってしまった。まだレンズは入れていません。
眼鏡のフレームとレンズ

故高田喜佐さん(キサシューズデザイナー)とシェアして仕事場を青山に持ったのは、フリーランサーになって2年目ぐらいだったと思います。私は32歳か33歳でした。当時は2人とも頑張らなければならない時代で、私は頂いた仕事を一生懸命しておりました。仕事場から帰るとき目の様子が変で、白くぼやけるのでした。老眼が始まったのでした。それ以来眼鏡は必需品になりました。仕事で使う眼鏡、日常に使う老眼鏡、やがて遠近両用が加わりました。軽くて使いやすいフレームを見つけるとつい買ってしまっていました。最近もっと目が悪くなり右目はどうレンズを換えてもよく見えるようはならなくなり、なんとか左目を1,0まであげてもらったレンズで仕事をしています。ところでごく最近遠近両用で高速道路(人が運転してくれていた)の案内板が読み取れない事に気がつきました。乱視がすすんだらしい。新しく眼鏡をつくらなければなりません。それでフレームを買いました。でもなんか気に入っていません。どうしよう。

眼鏡のフレームとレンズ
右下のは新しくつくった老眼眼鏡です。フレームは前に買っておいたものです。その上のはいつもしている遠近両用。これに新しいレンズを入れてもらうのが1番なんですけどねえ。

17/03/14




PLEASE6のこと
PLEASE6のこと

に代官山蔦屋で「PLEASE2」をみつけて、わくわくしたことを書きました。本日は「PLEASE6」のことです。発売されたばかりです。その中に「アルネ」のことを書いてもらっています。編集人の北原徹さんは、「アルネ」を好んでくださっていたそうです。雑誌を一人でつくることが共通だったのです。もちろんたくさんの編集者が集まってつくる雑誌の良さは広い読者に発信できそれはそれでいい雑誌なのですが、北原さんも私も自分がいいと思う観点で好きに雑誌をつくるわけで、共感して下さる方だけが買ってくださるという、それで問題ないとするから作り続けることができる(た)のです。それにしても「アルネ」はたくさんのすばらしい仕事をしていらっしゃる方に手伝って頂いたから続けられたのでした。それが何よりの力こぶでした。「PLEASE6」のコムデギャルソンガールの不思議な背景が「埼玉トリエンナーレ2016」(終了)の作品みたいで、「わーっ行ってみたかった!」そういうコーディネイトも写真ももちろん北原さん。それが「PLEASE」の私のわくわくのひとつです。

PLEASE6のこと

17/03/09




やっぱり今年も文旦さっぱり感が好みです。食べ始めるとやめられません。
やっぱり今年も文旦

ネットで買いました。これは自分用に買いました。会社には高知の高級果物生産販売をしているところの家庭用を買っています。それとある方から送って頂いたのも会社のみんなと頂いていますが、この時期文旦を思いっきり食べたくて今年も個人買いしました。10キロ入り愛媛産文旦です。毎晩食後に1個食べていたら体重が増えてしまいました。昔はみかんを食べ過ぎて冬太りしていたから、私は柑橘類の食べすぎに要注意です。ちょっと反省。

17/03/07




コムコムのジャケット身頃はもう一枚中についています。
コムコムのジャケット

ちょっと前に買ったジャケットです。薄手の布なので、もうそろそろ出番です。コートを脱ぐ時期になると新しいジャケットも以前のジャケットも鏡の前で着てみます。新しいのはすぐに着て外出しないことがあります。馴染んでいないから似合っていないと思うのです。着て出て不安で楽しくない事も多いのです。だから新しいのは鏡の前で何度も着てみます。デビューするまで時間のかかること。

コムコムのジャケット裏返して着る事もできるのです。
コムコムのジャケットそれから後ろ身頃、本体と中の身頃の間に体を入れて、中の後ろ身頃をブラウスのようにしてきることもできるのですって。

17/02/28




杉本博司のプリントものの続き
これはポスターです。だから大きいです。部屋に海(写真)があると気持ちが広がるような気がします。ダイニングルーム(といっても小さい)は毎日必ず座る部屋ですから、ここにかけました。本当はオリジナルが欲しいです。以前京都の細見美術館で見ましたがやっぱりすばらしかった。
杉本博司のプリントものの続き

に小さいのを買いました。それについては見てもらいました。前の時にまだ届いていないと書きました。私の買い物は気に入ると1枚(または一つ)ではおさまらないのです。欲張りなのです。時間が経ちましたが部屋に飾ったので。

杉本博司のプリントものの続き
新しいのは左のです。2枚になったので場所を変えました。この部屋も毎日必ず座る私の仕事部屋です。

17/02/21

One Day

前のOneDay
大橋歩書籍リスト