このページでは、大橋歩が日々の出来事や感じたことを綴ってゆきます。

ワイングラスと地方の銘菓 足のないワイングラスです。小を2個買いましたが手作りですから口の大きさが違います。右は白ワイン、左の口がすぼまっている方は赤ワインがいいわねえ、とワイン好きが言いました。なるほど!
ワイングラスと地方の銘菓

ほぼ日生活の楽しみ展』「コップヤタカハシヨシヒコ」で買ったワイングラスと、「『&Premium』ー100年おやつ」で買った日本の銘菓です。この催しではたくさんいろいろ買いました。出店しているのに買い物ばっかりでした。楽しかった。

ワイングラスと地方の銘菓
ワイングラスと地方の銘菓 100年以上前から作られていたお菓子です。左の羽二重餅はシンプルな甘さでした。右のかるかん饅頭は山芋が入っていて口の中でちょっとねっとり。どちらもお茶と合います。(お皿はやはり『ほぼ日生活の楽しみ展』で伊藤まさこさんのお店で買ったものです)

17/11/21




ほぼ日「生活のたのしみ展」3
4日目の買い物です。 小林和人さんの店で夫の冬の帽子を買いました。shinoさんと一緒だったのですが、「夫ははげだからこういう帽子がほしかった」と小林さんに私がいったら、shinoさんはあたふたという感じで2日前に月夜ちゃんと来たときの夫の帽子をかぶった携帯の写真を小林さんに見せました。もしかしたらはげという言葉をやわらげてくださるお気持ちだったような気がしました。帽子をかぶれば冬の寒さもはげもカバーしてくれます。良い帽子は老男子の必需品です。それにしてもいくつも帽子をなくしてくるのには困っています。
ほぼ日「生活のたのしみ展」3

今日は最終日です。5日間毎日会場に行っていることになりました。始まる前は2回か3回は頑張って行こうと思っていたのです。なにしろ出展者では一番の年上です。でも毎日行けました。版画のブースにいたりあちこち回ってお買い物をしたりしました。毎日糸井さんにお会いしました。毎日shinoさんに会いました。スタッフの方々が声をかけて下さったり、出店の人たちとも知り合いになれました。お客さまにもやさしくしてもらいました。なーんてすばらしい催しだったこと!! こんなしあわせなことないよー。糸井さんに、ほぼ日のスタッフの方々に、出店の方々に、お客様に感謝しないと。最終日行って来ます!

ほぼ日「生活のたのしみ展」3
いよいよアースボールを買いましたよ。今ポルトガルに興味があるのでさっそく確かめたり、shinoさんの住んでいるチェコをさがしたり。

17/11/19




ほぼ日生活のたのしみ展2 左は月夜ちゃんの親戚のおじいさんみたいな私の家族です。一緒に試着させてもらいました。
ほぼ日生活のたのしみ展2

小鉢家も「生活の楽しみ展」にきてくれました。で、すそさんの帽子屋さんで試着して月夜ちゃんはベレー帽に決めました。

ほぼ日生活のたのしみ展2月夜ちゃんはこのベレー帽に決める。おじいさんは試着だけで買いませんでした。
ほぼ日生活のたのしみ展2その後エントアンで、桜井さんの作品の磁石でくっついている靴に(おじいさんの胸のところ)感心して写真を撮ってもらう。おじいさんの帽子は家からかぶってきたものです。私の頭は地毛です。帽子でもかつらでもありません。
ほぼ日生活のたのしみ展2それからshinoさんを訪ねました。実はshinoさんと私のヘアスタイルが似ているので、毎日写真を撮ってもらっています。もーちろんshinoさんも帽子でもかつらでもありません。

17/11/18




ほぼ日生活のたのしみ展エントアンのスリッパ
ほぼ日生活のたのしみ展

私の15,16日の買い物ですがー。買い物好きな私はあちこちで買い物をしてしまいました。なんと2日間にこれだけ買ってしまったのです。今日も明日も会場に行きますので、また増えます。アースボールはまだ買っていませんが是非!と思っています。

ほぼ日生活のたのしみ展タンピコのトートバッグ
ほぼ日生活のたのしみ展伊藤まさこさんの店のお皿
ほぼ日生活のたのしみ展槇塚登+キッチンボタンのフライパン  
ほぼ日生活のたのしみ展shinoさんのボウル
ほぼ日生活のたのしみ展河野書店の文庫本
ほぼ日生活のたのしみ展斉吉の海鮮丼とかと林屋海苔店のふりかけのりと梅干しとBanbooCutの梅干し
ほぼ日生活のたのしみ展Ponte de pieの靴下とウオーマー

17/11/17




紅茶紅茶の葉はとてもいい香りです。お茶を入れる時にまず茶葉の匂いを楽しみます。私はフレーバーティーはそんなに好みません。左はアッサム、真ん中と右はダージリン。まず右のから飲み始めました。一番リーズナブルな紅茶です。
紅茶

私は紅茶が好きです。茶葉はダージリンならファーストフラッシュという緑茶が混ざったような飲みやすいのと、朝のミルクティー用のアッサムを常備しています。どちらも残り少なくなると不安になります。先日青山の「マリアージュフレール」の店で、普段に飲む茶葉を買いました。毎日紅茶を飲んでいるのにどこの店の紅茶がいいのか分かりません。行き当たりばったりで買っています。

紅茶飲み始めた紅茶です。緑色の葉がまざっています。ファーストフラッシュは春摘みだそうです。夏摘みはセカンドフラッシュ、秋摘みはオータムフラッシュというそうで、香りや味はそれぞれ違うそうです。
紅茶保温できるフエルトみたいな生地がカバーの内側に張ってあるティーポット。右は古いもの、左はマリアージュフレールのもの。朝は硝子のポットなのでポットコゼを使います。

17/11/14




how to liveのバッグ
赤は手提げタイプです。以前は青のもありました。それは売り切れました。今回私が赤を買ったのでオリガミ手提げタイプは在庫なしになったそうです。黒はベルトが長いショルダータイプ。
how to liveのバッグ

先週京都の「io+」で「how to live」の赤のオリガミ手提げバッグと黒のショルダーバッグを買いました。ずいぶん前から扱わせて頂いているのに、今頃になって欲しくなりました。きっかけは先週木曜日に駒澤の「io shop」の金森美也子さんの縫いぐるみ展に、織り作家の竹崎万梨子さんが来て下さって、その時「how to live」の白のオリガミショルダーバッグ小(ポシェットのようなサイズ)を下げて来られました。とても大人可愛らしくて、さすが竹崎さん!とスタッフと共に感激したのです。その後私は「io+」の「小皿展」の手伝いに京都に行きました。そして店頭の赤のオリガミ手提げバッグと竹崎さんと同じ形の黒の折り紙ショルダーバッグも買ってしまったというわけです。素敵な人の影響ってすごいです。

how to liveのバッグ
ショルダータイプのベルトが私には少し長いのですけど、まあなんとか工夫します。

17/11/07




イバタカツエさんのカップ持ち手がすごい。でも持ちやすい。私が選んだのはみんなドットです。
イバタカツエさんのカップ

11月3日から京都「小皿展」をしますが、お願いしていた作家さんのイバタカツエさんがたまたま東京の浅草橋の『ルーサイトギャラリー』で展覧会をされていました。ご挨拶を兼ねて拝見に行きましたが、あんまりにも面白くてすてきで愛らしくて買わずにいられませんでした。イバタさんをご紹介くださった熊本の『ギャラリーmoe』さんでイバタさんのカップでお茶を頂いたのが「小皿展」につながりました。そうそう、『ギャラリーmoe』さんは最近ロスにもお店を出され、イバタさんの作品も扱っておられるらしいです。

17/10/31




小前洋子さんの花器動物みたいです。ちょっとシャム猫みたい? 楽しい。
小前洋子さんの花器

小前さんには青山のDEE’S HALLで初個展をされる前に、「大人のおしゃれ」で取材をさせてもらいました。今回のDEE’S HALLの展覧会(10月24日火曜日まで)は3回目です。ますます面白い形になっていました。小前さんは前はアクセサリーの会社をされていて、ファッション関係のお仕事が長い方でした。だからというわけではないと思うんですが、発想が自由で、作陶の造形がすごく魅力的です。私の買ったこの花器もとてもいい形です。

17/10/24




小さなポーチ
小さいのがエントアンのポーチです。手触りもいい感じです。
小さなポーチ

イオギャラリー「エントアン」展の最後の日に一番小さいポーチを買いました。Suicaのカード入れ用にです。以前はお財布に入れていたのですが、時々コインが邪魔をして改札口でエラーになるのでした。それでコムデギャルソンのお財布と同じシリーズのポーチに入れて使っていましたが、ちょっと大きすぎ。「エントアン」のポーチの大きさはカードにちょうどよかったのです。うちの会社もショップも駒沢です。駒澤から渋谷や表参道に出るのは田園都市線に乗ります。この線は渋谷から先は半蔵門線になりますが、一本で表参道まで行けます。Suicaを使う回数が多くなりました。京都の地下鉄もSuicaで乗ります。
Suicaが出た頃1000円だったか3000円だったかで買いました。それを使って電車に乗っていました。やがて残金が少なくなり捨てました。「チャージして使って行くものよ。カード代として500円がかかっているんだからね。新しいカードを買うとまた500円かかるのにー」と若い人から笑われたことがあります。

小さなポーチ
ちょうどいい大きさ。あんまりぴったりだとカードを入れにくいし出しにくい。

17/10/17




「a.」秋冬もの
ウールTシャツは着心地がいいです。この上にシンプルなカットソージャケット(サイズMのサンプルが仕上げの加減で小さめSサイズになったので、私に回って来た)を着るのも良いと思う。胸元のフリルがのぞいて感じ良いかも知れないと思っているけど、その着方はまだ試してはいません。
「a.」秋冬もの

フリルのコートジャケットはSサイズでも私には大きすぎてスルー。秋冬ものの長いバルーンパンツのXSを買うと決めていたのですが、ネットで早々ソールドアウトになってびっくり。私が困ったからリピートではぜんぜんありませんが、11月に黒とグレーがあがってくるようで、黒2枚予約します。楽にはけるパンツは私の仕事着です。今期のSサイズでも着られるのはウールフリルTシャツです。ジャケット代わりにもなるフリルシャツも買いましたがやっぱりちょっと大きいので、上手に洗ってみるつもりです。今まで大きすぎるジャケットやコートを洗ってきました。失敗がないわけではありませんからおすすめは出来ませんが。それにしても若いときは太っていたのに年をとると背も小さくなり肉もしぼむのです。ますます小さくなってしまいました。

「a.」秋冬もの
この写真を撮ったら洗ってみようと思っています。フリルはどうなるんだろう?

17/10/10




「entrain」のスリッパ
私は22センチ夫は25センチ。世田谷は黒、京都はきつね色(?)
「entrain」のスリッパ

今日からイオショップでさせてもらっている「entoanの靴展」の、今回初登場のスリッパは「大人のおしゃれ16」の撮影の時に見せてもらって、欲しいと思っていました。とても履きやすいし丈夫そうだし、ちょっと今まで出会えなかったいい形。初日の今日早速注文しました。世田谷の家用は夫と私のを、それから京都には私だけの。多分新春には履きぞめができると思います。楽しみです。

「entrain」のスリッパ
今回はサドルシューズの黒白のが展示されていたので、前回私が注文した黒白サドルシューズを会期中はショップのに履いてもらいます。私も履きよかったけど、も履きいいと言っていました。こうやって比べると靴紐の色だけで感じが大分違います。

17/10/05




擦り傷の塗り薬
これが傷薬です。液体ばんそうこうは傷が治る頃には皮膚の新陳代謝で自然に剥がれるらしい。なかなかいい傷薬。今のところ傷の方は大丈夫なんですが〜。
擦り傷の塗り薬

熊本に行きました。飛行機が熊本に到着しました。座席の上の荷物入れから私の大きめバッグを下すの時、足を滑らせて擦り傷を作ってしまいました。ホテルに入る前に薬屋で傷薬とバンドエイドを買おうとしましたが、今時の薬は進んでいるのです。傷に塗る薬は傷をコーティングもしてくれるのです、バンドエイドはいらないのです。早速ホテルの部屋でちょっとヒリヒリしている傷の手当ーーーー。ここでとんでもないことになってしまいました。

擦り傷の塗り薬
あわてものの私は、説明書を読まずすぐ薬を開けることをしてしまったのです。「プシュ」はみ出た薬がパンツの裾についてしまいました。布は新陳代謝してくれないので、ついたら取れないのです。こすっても揉んでもとれません。こすったので生乾きの部分がはみ出してあちこちに散らばって汚く乾いてしまいました。うーん!

17/10/03




歯ブラシ歯と歯茎の間の掃除がしやすい細めのタイプです。これは女性用です。だから握るところには女性好みの色がついています。私はこういう色ものは好みじゃないのですけどね。
歯ブラシ

私の歯は全部インプラントです。インプラントで埋まっている歯も掃除が必要で、半年に1度お知らせの葉書が来ると行っていました。でもその医院はちょっと遠いところにあるのです。バスとA私鉄とB私鉄乗り換えだから時間がかかるのです。往復だけで疲れます。一年ぐらい前から、歩いて10分ほどの医院で掃除をしてもらっています。この前そこで頂戴した歯ブラシが気に入りました、ネットでさがして5本組を買いました。

歯ブラシ握りの部分のカーブや太さも計算されて使いやすいようにつくられているようです。
歯ブラシ左が歯茎と歯の間用に使っている新しい歯ブラシ。右は今まで使っていた歯ブラシ。インプラントの歯はけっこう大きいのです。歯の部分は細いと磨きづらいので両方を使います。

17/09/26




赤いセーター
クルーネックです。2年だったか3年だったか前に、穴あきのアクリルのセーターを買いました。それもそろそろ着られる季節です。カシミアの赤のタートルネックはずいぶん前やはりコムデギャルソンで買ったのを持っています。カシミアの赤のカーデガンはa.のを着ています。
赤いセーター

色ものを着たいと思うのですが、黄とかオレンジとか緑とか紫はなかなか選びづらい。人が着ているのを見るといいなと思っても、私には似合わないからと決めつけて試着もしません。で、色物はほぼ赤です。赤なら大丈夫と思っていますから。コムコムの薄手のカシミアの赤のセーターを買いました。そろそろ薄手のセーターの季節です。

赤いセーター
わりと細身。袖は私にはちょっと長い。体が小さいといろいろ悩ましい。コムデギャルソン(コムコムも)のが好きなわけのひとつはXSサイズがあるから。デザインや素材ももちろん好きだからだけど。

17/09/19




合皮のバッグ
ショルダーのベルトは細めです。
合皮のバッグ

この前京都で山田さきこさんが持っておられた、4つも口があるちょっと集金バッグのようなコムデギャルソンの白のショルダーバッグをまねて、私は黒を買いました。いつもいっぱいものを入れて持ち歩くので、バッグの中がくちゃくちゃになり困っていました。4つも口があれば整理できます。便利と思いました。3つはファスナーがついています。うち真ん中は中にもうひとつファスナーがついています。大切な物を入れられます。一番外側はファスナーなしのポケットがついています。すぐ取り出したいものを入れます。4つ分だから厚みはあります。たくさんものが入るのでつい入れすぎて重くなってしまうのが問題。持ち歩くものを少し整理しないといけないと思います。

合皮のバッグ
2重になったファスナーです。この中に3つも小さいポケットがついているんです。びっくりしました。

17/09/12




aa.フード帽とカーディガンとコート
aa.フード帽とカーディガンとコート

冬の寒い時期、耳を覆う帽子やキャップをかぶって散歩に行きます。冷たい風が耳にあたるとすごく痛いのです。すっぽり頭部を覆うパーカーの帽子の部分だけがあったら便利と思いフード帽を作りました。これだけは早くに買っておきたかったのです。襟のないカーディガンやコートにも首回りが暖かいので安心。で、試着したカーディガンとコートも買ってしまいました。(持っているコートはしまうところに困っていたので、先日3枚を若い人にもらってもらいました。これで1枚増えても大丈夫)

aa.フード帽とカーディガンとコート平面的ですが、かぶるとちゃんと頭を覆います。それに首回りも暖かい。ぬいだ感じもパーカーをコート下に着て帽子の部分をぬいだような感じになります。
aa.フード帽とカーディガンとコートカーディガンもコートも私にはちょっと大きいんですけどね。先週の土曜日に京都のイオプラスに開店早々来て頂いた89歳でいらっしゃるお客様が、私と同じカーディガンを試着くださり、とってもお似合いで、ご一緒においで下さった娘さんと感心感激。その時江面さんの小さめの黒革手提げバッグもお買い上げくださいました。最近年をとったから物を減らそう買い物を控えていた私は、欲しいと思った物で買える値段だったら買おうと思いました。買い物は元気になれます。『大人のおしゃれ14』に出て頂いた粟辻早重さんが「断捨離っていいますけどね、私にとったらですけど、あんなつまらないものはない」とおっしゃいました。粟辻さんの大事な物はきちんと整理され楽しまれています。粟辻さんは私より年上でいらっしゃいます。すごくおしゃれです。素敵な方です。

17/09/05




成城アルプスのマドレーヌ
もこっとふくらんで焼き色がついた側が馴染みで、シェルの型の方は見ないで食べています。あらためて型の方を見て正しくおいしそうと思いました。
成城アルプスのマドレーヌ

もこっとしたけっこう厚みのあるシェル型の焼き菓子です。「とてもおいしい」です。「とてもおいしい」は「おいしい」や「ふつうにおいしい」や「なかなかおいしい」よりおいしいという表現です。とても真面目においしい焼き菓子です。日本の洋菓子屋さんの『成城アルプス洋菓子店』は成城学園駅前の老舗です。今年50歳になる息子がうんと小さい頃既にあった店です。有名になって京都にもチェーン店が出来ている『成城石井』がスーパーマーケットになるずいぶん前からあります。私はこのマドレーヌとフィナンシェを贈り物にする事も多いです。

成城アルプスのマドレーヌ
包装されています。ふくらんで焼き色のついた方が表側になるんですね。シェルの型の方は裏側ということなんだ、今初めてそんな事に気付きました。バラ売りもあります。

17/08/29




オーボンビュータンのサレ
本日5人の方に差し上げました。きっと喜んで頂けていると思う。
オーボンビュータンのサレ

今朝は出社する前に尾山台のオーボンビュータンに寄ってサレ(シンプルな味のとゴマがのっているのとチーズ味のスティック状のパイ)を5箱買いました。お礼に差し上げるのです。サレはものすごく前、30年ぐらいは前、等々力にお住まいだった私のイラストの先生の川原淳先生の奥様から頂いて、それ以来大好きなお菓子です。おいしいものは私も人にあげて喜ばれたく、いろんな人におみやげにしたり送ったりしてきました。私のロングランの贈り物のお菓子です。

オーボンビュータンのサレ
このサレの写真は「アルネ」もう一回の中に載せさせてもらっているものです。この本数が箱に入っているんです。

17/08/22




ブレスレット
鎖のパーツの中は空洞だそうです。といってもうんと薄くはないらしく適当な重さがあります。
ブレスレット

初夏に知人のアクセサリー展で買った銀のブレスレットです。私はほぼアクセサリーをつけないので、去年も一昨年も息子のお嫁さんに買いました。ネックレスも指輪もピアスもすっごく素敵で、お嫁さんにとびっきり似合いました。というか見ているよりつける方がぐっとすてきになる作品です。今回はついつい自分のを買ってしまいました。仕上げもすばらしくきれいです。

ブレスレット
私の夏休みはたった1日。日曜もお盆休みも返上でした。たった一日のお休みは身の回りの古いものを整理しましたが、なかなかしきれませんでした。アクセサリーの整理は気持ちの整理ができず元のお大事箱に戻しました。ダニエラグレジスさんに頂いたブレスレットはお大事の中でもうんとお大事。京都の部屋にも置いているから、もっとあるのです。全部をいっぺんにするとなかなか迫力がありすてきです。

17/08/15




夏の服Tシャツやブラウスの上にジャンパースカートみたいにして着ます。月曜日に着ていた後ろ三角襟ブラウス白の上から試着したのですがいい感じだったのです。ちょっとよそ行きみたい。Tシャツなら普段着かな?
夏の服

この暑さの中、外に出るのが億劫です。出るんだったらなるべく涼しい服がいい。先週土曜日は休日出勤でカタログの仕事をしました。普通仕事に出る時はあんまりワンピースを着ませんが、春に買った「aa.」の紺色綿ブロードのチュニックを同じ色のパンツの上に着ていました。綿ブロードというごく一般的な生地が私は好きです。軽くて楽で着心地よかったので、またショップでノースリーブの黒の後ろボタンワンピースを買ってしまいました。去年イオプラス用に作ったワンピースですからSサイズは完売。たった1枚Mサイズが残っていて試着したら大丈夫だったのです。これを着てお盆休み返上出社(石井)をします。実は毎年は印刷物の仕事でこの時期忙しく休めないのです。

17/08/08




食器
『zakka』で買った石田誠さんのきっちりした薄手の磁器のお皿です。このきっちりというのが好きでした。もちろん土もののようなぼってりした磁器も好きですが。撮影は無事すみました。撮影後はお取り皿に使います。
食器

使うものは決まってしまっていて、家族が増える事もないので、ほぼ食器は買わなくなりました。でも使う用途があれば買います。上のお皿は青山の『zakka』さんで、パンをのせて写真をとるために、下のコーヒーカップは西麻布の『桃居』さんで、知人にあげるために買いました。買い物に目的があると選ぶにも熱心。さんざん迷って決めました。

食器
『桃居』さんから頂いているお知らせに「内田鋼一」さんと「李英才」さんの展覧会のが入っていました。両方行きたかったのですが内田さんのは間に合わなく、李さんのだけを見ました。ちょうどあげたい人がいたので、コーヒーカップを2客。偶然ですが石田さんのも李さんのも同じものだけどちょっと形が違ったり色が違ったりでしたねえ。

17/08/01




秋の服を買う
白の綿(スレキというポケットに使うようなしっかりした布?)の裏がついています。洗いがかけてあります。それでちょっとふっくらしています。そのせいで見た目より小さいです。それが私にはいい大きさです。
秋の服を買う

今は「大人のおしゃれ16」の仕事で忙しいので、お買い物に行けませんでした。ようやっと写真を全部撮り終えました。青山に仕事で行った帰り『コムデギャルソン』に寄って取り置きだけしてもらっていたのを、土曜日に試着させてもらい買いました。コムデギャルソンには『コムコム』も『コムデギャルソン』もXSサイズのがあります。うちの『a.』だって、全部にXSはつくりません。私のサイズのお客さんが少ないらしいのです。まあ仕方がありません。

秋の服を買う
コートの内側に取り外しが出来る裏(ライナー)のみたいな、長いベストの胸にフリルがいっぱいついた服です。重宝できそうです。ジュンヤのタータンチェックの左足が細身のパンツで右足はプリーツスカートになっているキルトスカートも、試着させてもらいました。似合わなかったのでやめましたが、相当好きでした。ジュンヤのは私にむつかしいけど良いデザインの服がいっぱいありました。

17/07/25




半袖Tシャツ
こんな具合です。ピンの色は銀色なんですけどねえ。
半袖Tシャツ

先週会社に着ていったずいぶん前に買った切り替えがたくさんあるデザインTシャツの生地が厚くて、会社の部屋の中は冷房が効いているので大丈夫だったのですが、用があってショップに歩いて行ったら、もう熱中症気味。会社とショップは5分もかからないのですが、さすがに真夏の炎天下は夏向きのじゃないと無理だと思いました。それでピンが銀色の黒のTシャツのXSがあったので、買って着替えました。私は半袖Tシャツ類が似合いませんからまったく着ません。7分袖の黒のTシャツに重ねました。重ねてもぜんぜん涼しい。それにしても毎日暑いです。みなさん暑さ負けなさいませんように。

半袖Tシャツ
この写真もピンが白く見えますが、銀色です。なかなかないTシャツだと思います。それにXSというサイズもなかなかありませんよ。なんて自分とこのをほめる私。でもねイオのTシャツは絵柄もいい(自画自賛)けど、生地も縫製も本当に良いんです。前に知人の女性が黒Tの銀色怪獣のを着て下さっていました。うれしかったです。

17/07/18




全然違うもの 内側は黒の無地です。
全然違うもの

先週イオギャラリーイオプラスで始めた「夏のおしゃれ展」2日目にスタッフ達も買い物をしました。私が買ったのは白黒のこのバッグです。2つ残っていたうちの一つでした。柄や色の布のパッチワークのはものすごく手がこんでいます。作っているのを見ていると接ぎ合わせが細かく、しかも表裏ともだから、時間がかかっていました。でもこの白黒バージョンは残り布がそうなかったのか、作るのが色物よりかなり少なかったのです。それで2日目の夕方には売り切れになりました。
さて今週の買い物はもう一つ。日よけと目隠しのためのロールスクリーンです。私の家は後一ヶ月すると満34歳。’83年8月完成でしたから。2階にあたる場所のお手洗いの天窓から、隣に3階建てアパートが新しく建って、そこの3階の通路が見えるのです。という事は見られるということなので、ロールスクリーンをつけました。これが日よけになって温度が上がらないのです。34年も損をしてました。

全然違うもの2階部分にあたる踊り場にあるお手洗いの天窓にロールスクリーンを取り付けました。
全然違うものお手洗いから続いている踊り場の天窓です。真夏はここからサンサンと陽が入ってきます。暑い!お手洗いで成功だったので、ここにもロールスクリーンをつけてもらうように注文しています。
全然違うものここは台所の天窓です。ここにはお手洗いに取り付けの時につけてもらいました。実はもともとこの天窓にはロールスクリーンがついていたのですが、なぜだか最初から使用不可でした。

17/07/11




山田さきこさんの小さなブローチ以前襟につけたまま洗濯してしまった事たびたびでした。でもちょっと柔らかくなったような気がしましたが、形は全く変わりませんでした。もちろん色落ちもしませんでした。
山田さきこさんの小さなブローチ

7月3日から8日まで、青山の「ギャルリーワッツ」で山田さんのアクセサリー展が始まりました。初日から3日間作家さん在廊と聞いていましたので山田さんに会いに行きました。ちいさなブローチ2点買いました。実はいくつか持っていたのですが、だれかに見せるために全部を袋かなにかに入れてー、その後が思い出せません。つまり誤って捨てたか、しまい忘れたか、とにかくブローチだけが見つかりません。それで今回はブローチを2点買いました。小さいのに形や色合わせがすばらしいです。

17/07/04




海大臣
印刷が緑色の「壱」にしました。青も黒も茶色もー今年は12種類あるらしいので12種類の色があります。違いは採れた場所らしい。30枚入っているので安心して食べられます。というか沢山入っているからどんどん食べてしまうんですね。ちなみにレタスサラダにもぐちゃぐちゃにちぎったのをのせて食べるのが好きです。
海大臣

久しぶりに京都に行きました。土曜日にほぼ日「TOBICHI 京都」に行ってみようと、12時過ぎに室町通の私の住処を出て歩き始めました。結構暑い日だったので、四条通りに出て地下に潜って歩いて、燗屋で地上に上がり、河原町通を南下。「ミナ」の店ができる前から寿ビルは5階の「ギャラリーギャラリー」と「メリーゴーランド」に行っていましたし、「ミナ」が出来てからは行く回数が増えていました。「TOBICHI 京都」が出来たので寿ビルがもっと楽しくなりました。天井が高く窓が大きい気持ち良いお店でした。いっぱいお客さんがいて、何を買えば良いのかわからなくなって、いつものおいしい海苔にしました。「海大臣」はニューヨークの友人にも送っています。

海大臣
鹿児島睦さんのイラストの紙袋に入れてもらえました。横長の大きい方の紙袋を持った方がイオプラスに何人も来て下さいます。ありがたいです。

17/06/27




オイルサーディン
バゲットにクリームチーズをぬって、温めたサーディンをのせて食べるのが好きです。ガーリックトーストに温めたのをのせるのもおいしい。残ったらオイルごと鍋に入れて醤油を入れてちょっと煮ると、ごはんのおかずになります。
オイルサーディン

ずいぶん前から「オイルサーディン」は『天の橋立』のが好きです。というのも身がしっかりしていて崩れにくいし大きさが揃っているのです。だから使いやすいのです。久しぶりに思い出してスーパーマーケットでさがしたのですが、『紀伊国屋』にも『石井』にも置いていませんでした。売っているお店は代官山の『代官山パントリー』と知っていたのですが、駒沢に会社を移してから遠くになってしまいました。渋谷に用があったので買いに行きました。

オイルサーディン
パントリーでついでに買ったもの。試しに小さな(少量)ツナ缶詰め、稲垣商店輸入のアンチョビペースト、オーガニックドライトマト。

17/06/20




77歳!小鉢家から頂いたプレゼントです。小鉢パパの手作りの木箱です。
77歳!

とうとう77歳になりました。本人は特別と思っていませんでした。昼過ぎに会社に行ったら2つもプレゼントを頂いておりました。恐縮しました。メールも2通来ていました。1週間ぐらい前にはイタリアのダニエラさんから「おめでとう」とお菓子を下さっていました。恐縮しながらもにこにこしてしまいます。ありがたいことです。

77歳!開けると本が入っていました。かおりさん(月夜ちゃんのママ)の話に寄ると、ずいぶん前からこの本と決めていたとのこと。
77歳!本を箱から出しました。そしたら! 箱の底には! 超かわいく描いてくれた歩さんの絵じゃないですか! 月夜ちゃんが一生懸命描いてくれていました。ものすごーく上手! お目目も大きくお鼻もすーっと通っていて、お口もくっきり小さく、それからしわもなく超かわいく描いてもらえてました。すごーい! うれしい! 月夜ちゃんすごーい! 中学2年生ですよ。今習っているのはバレーとピアノ。絵は習っていませんよ。ママは絵描きさんですし、パパは彫刻家ですけど、だからといって子供も上手ってことはないですよ。5月の連休に富浦の夫のアトリエで月夜ちゃんは夫を描いてくれました。それが本当に良い絵だったのです。私も描いてもらえて幸せです。フフフ、若くてかわいすぎるけどうれしいです。
77歳!本の中をちょっとだけお見せします。ページを開くと立体ができるんです。あかまるがどのページにもかくされています。  
77歳!もうひと見開き。いろいろ仕掛けがあります。鈴木笑子さんもきっとお好きだろうと16日にショップに見せに行きました。やっぱりお好みの絵本でした。
77歳!もう一つ77歳「寿」として頂いたオリーブの枝です。いつもいつもお世話になっている方からです。こちらがお世話になっているのに頂戴してものすごーく恐縮しています。でもでもとてもうれしく幸せです。このオリーブの枝は『そら植物園』から送ってくださっていて、オリーブについていろいろ書いたカードが添えてありましたが、長寿の樹なのだそうです。ずいぶん前仕事で南仏に行った時、たしかルノアール(だったと思う)の家のまわりがオリーブ畑になっていたと記憶しています。太陽の強い日差しを反射しないですいこんでしまうようなマットな緑色の葉の樹が南仏の思い出の一つです。オリーブの樹はエネルギーを与えてくれる気がします。ありがたいです。

17/06/18




鈴木笑子さんのバッグ
私の買ったのです。鈴木さんの作品の中では普通かな?
鈴木笑子さんのバッグ

鈴木笑子さんのバッグ展が始まりました。昨日の夕方千佳さんとショップに行きました。千佳さんは決めていたのがあって、でも迷っていて、結局後で欲しくなったのにしていました。両方ともとてもいい感じだったのですよ。私は手提げとショルダーを迷って、持ちやすいのでショルダーにしました。話が変わりますが、今日小鉢家から私に誕生日の贈り物が届きました。その写真はまた明日にしますけど、鈴木さんがお好きそうだったので見せにショップに行きました。そしたらこの前京都のイオプラスにおいでいただいた素敵な方がご来店下さって、すっごく面白いのを買ってくださいました。魚のエイのようなのです。ちょっと座布団のようなのです。でも物を入れるとグンと下がってまわりについた四角だったり長四角だったりの出っ張りが立体的になるのです。バッグはいろんな物を入れて持ちます。だから物を入れてみた方がいいことがわかりました(スタッフノートにショップのスタッフがあげると思う)。今日は勉強になりました。

鈴木笑子さんのバッグ
ショップスタッフが持ってくれた千佳さんが選んだ手提げのバッグです。もうちょっと明るいです。

17/06/17




調味料とか 醤油を変えると煮物の味が全く変わります。
調味料とか

うちの会社で縫う仕事をしてくれている阿部くんという男性が、出身の北海道の醤油を使っているといいます。私はたなかれいこさんの「食のギャラリー612」で知った『海の精 生しぼり醤油』を使ってずいぶん長くなりました。日本人にとって醤油は大事な味覚の基。それぞれの家の味は醤油で決まると思います。最近成城のマーケットにも出始めたので買いました。カットトマトの缶詰も買いました。ラタトゥイユには欠かせません。代官山のチェリーテラスでは オリーブオイルとオレンジの蜂蜜を買いました。すぐなくなるのでどちらも大きいビン入りです。ほぼ一人暮らしなのに3食うちご飯だと調味料等の減りが結構早いのです。

調味料とか配達してもらったので6個も買いました。
調味料とかオリーブオイルはいろいろ試します。頂くのも多いです。頂いたのが残り少なくなりましたので、買い足しました。
調味料とかオレンジの蜂蜜は白濁して固くなります。私はあれが好きです。

17/06/13




シャツ
サルエルパンツやバルーンパンツに合わせようと思っています。
シャツ

ずーっと変わらず好きなシャツです。メンズシャツ用の手触り抜群にいい生地で、普通のシャツを少量つくりました。買いました。まだお客さんに買って頂けていないうちにです。私の子供の頃、田舎に引っ込まなければならない事情があった和菓子屋をしていた祖父が、そんな場所では売れないのにいろんな和菓子を毎日作っておりましたが、一個でもお客さんに買って頂けないうちはだれももらえませんでした。このシャツを買ったら久しぶりに祖父を思い出しました。それから私が好きだったのは祖父のあずきの餡で、冬に雪が降ると茶碗に雪と餡を入れて氷金時として食べました。それは雪の季節の公認でした。そろそろかき氷の季節です。

シャツ
シャツだけの写真ではさびしいと思って、椅子を置いて撮ってみました。実はハンガーを掛けた釘はいつもは海の写真の額を掛けています。シャツには関係なさすぎのセッティングですが。

17/06/06




家で使う道具調理する時の素材を入れる皿みたいなものだと思います。ピーマンを切ったの、肉に下味をつけたのなど、準備に使うのだと思う。掛けておける手がついているのが便利な特徴です。うちはなんでも仕舞っておくので台所に掛ける場所がありませんが。(松野屋)
家で使う道具

まず先週の続きの京都松野屋さんで買った台所で使うものと、うちの近くで買った台所とお風呂掃除で使うものです。私の趣味の一つに掃除道具があり、一時はブラシマニアでした。今はマイクロクロスのような新しい素材のが出て来たので、蒐集はやめて新しいものをチェックが趣味になっています。それにしてもこの手はピンクやブルーの主婦好きとされている色物が多いので悩みでした。でも今回の買い物は無彩色です。

家で使う道具台所で使います。左の白い長方形のはマイクロファイバークロスのスポンジで、皿や鍋を洗います。右の黒い丸形のはPET糸(よくわからない)の生地の中にやはりスポンジが入っています。これはシンク洗いだそうで、水だけできれいになるそうです。
家で使う道具お風呂掃除道具です。タイルの目地掃除にはブラシ、洗い流した後はスキージーで水滴を取る。ちなみにスポンジもスキージーも KEYUCA 河淳株式会社とありました。

17/05/30




ポーチ
一応革です。お安いですからシンプルです。ティッシュペーパーとかウエットティシュとかハンカチとかのど飴とか、バッグの中で迷子になってしまうモノ入れに使おうと思います。
ポーチ

京都のイオプラスの近所にあの東京谷中『松野屋』さんの店ができました。生活雑貨特集の雑誌等で見て東京本店に行きたいと思っておりましたが、一度も行ったことがありませんでした。京都のコンパクトな松野屋さんの商品のセレクトがすてきです。つい買い物をしてしまいました。今週のは松野屋さんでわざわざ買う事もないポーチです。今の私には生活道具はもう増やせませから、もっと前に出合っていたらよかったのにと思いながら。でもまあ他にも数点買い物をしましたのでそれは後日に。

ポーチ
既に使用しているポーチとサックです。左上の化粧品入れとその下のペンケースは江面旨美さんにいただきました。前にも自慢したかもしれない。右上はメモリーカードやカメラの予備のバッテリーや電池などを入れています。その下の赤い布のサックはダニエラさんから拡大鏡を頂いたのですがそのケースで、今はイヤーホーン入れです。

17/05/23




送るお菓子、スタッフのおやつ菓子『虎屋の羊羹』が大好きな友達。今回はカステラも。それからちょっとだけおせんべいも。
送るお菓子、スタッフのおやつ菓子

たくさんのお菓子の買い物です。50年前に初めてニューヨークに行って以来、お世話になり続けている年上の友人ご夫妻の、好物の『虎屋』の「夜の梅」をようやっと買いました。買い物にデパートに行くけど羊羹を買うのを忘れてしまうのです。でもスタッフのおやつだけは忘れない。今日はバームクーヘンです。それからホームページでお世話になっている吉本由美さんと、次回の「大人のおしゃれ16」で取材させてもらった方に、『オーボンビュータン』の「サレ」をわざわざ尾山台まで行って買いました。あげるお菓子を買う努力もとても好きです。

送るお菓子、スタッフのおやつ菓子食べ始めるとやめられなくなる『オーボンビュータン』のパイ菓子の「サレ」は大人の人にお礼に送ります。
送るお菓子、スタッフのおやつ菓子今日のスタッフのおやつは目の前でスライスしてくれたバームクーヘンです。

17/05/16

One Day

前のOneDay
大橋歩書籍リスト