ウエーブヘア用のシャンプーとコンディショナー
アヴェダのビーカーリーウエーブヘア用シャンプーとコンディショナーです。まあ使わないと効用は分かりません。だれにでもよいかどうかは分かりません。
ウエーブヘア用のシャンプーとコンディショナー

私の髪は癖毛だからおかっぱの時はストレートパーマをかけていました。秋から冬は湿度が下がるのでストレートパーマは長持ちするけど、初夏から9月までは湿度が高いので癖毛にもどりやすい。それで3年ほど前の夏にところどころパーマをかけてウエーブを混ぜた髪型にしてみました。これは洗いっぱなしで手入れ不要。最近はわりと激しいくるくる髪型です。ストレートの時に使っていたシャンプーは、しっとりたれさがるように成分が仕組んであるみたいで、くるくるパーマが長持ちしないと知って、シャンプーをいろいろ試してみました。でも満足するのに出会いません。この前ストレートヘアの時使っていたメーカーのウエーブヘア用シャンプーとコンディショナーを買ってみました。まだ使い始めだけどこれはなかなかいいみたいです。

14/01/28




薄手コート
多分製品染めだと思います。のでコムデギャルソンコムデギャルソンのネームも染まっていて読めません。なんの支障もありませんが。それからXSだけど小さめです。
薄手コート

何年も前から春から初夏にかけて薄手ウールのコートを愛用しています。さすがに’80年代のは肩幅が大きくてかっこうよくない。最近のも5年は前のだから、気に入ったのを見つけたらそろそろ新しい感じのを買いたいと思っていました。青山コムデギャルソンでこのコートを買いました。実は青山店の佐々木さんが私にも着られるものをさがしてくださいます。「大橋さんこれどう?」って。体の小さい私に合うのはそうはないのですけど、これはちょうどです。よかった。それからa.は今春ウールギャバジンのを出したかったのですが、布を見つけられなかったので、秋に延長となりましたよ。

薄手コート
ボタンも見返しの別布も染まっています。これがなんともいいのです。それからくしゃくしゃなのも好きです。一番上の小さめボタンは留めたり留めなかったりで着ます。

14/01/21




ダニエラグレジスの夏のワンピース
製品洗いだからあまり大きくはなくて小さな体の私にちょうどでしたよ。
ダニエラグレジスの夏のワンピース

ダニエラさんの’14春夏の服の情報をのぞいてみたら、ワンピースは赤や白やブルーや大胆なプリントでした。とってもすてきでしたが、私は黒のが欲しい。それで青山コムデギャルソンだけ(コラボ)の黒のを見に行きました。1月13日には綿のとこの麻のしか残っていません。みなさん早々買いにこられたみたいでした。リピートがあるのかどうか分かりませんので、あわてて私は麻のを買いました。夏の黒のワンピースは厚手の麻のと白だったのを黒に染めたスリーブレスのと今回の薄手の麻のになりました。これで真夏の服は1枚増えてちょっと安心。

ダニエラグレジスの夏のワンピース
とてもシンプルな形ですが、ネックは大きなラウンドです。綿の方はスクエアになっていました。それからトップとスカート部分が違う織りになっています。

14/01/14




新年おめでとうございます
上2足は三重の津で買いました。これはおなじみアンティパストの靴下。下3色のタイツは京都のデパートで。今年最初の仕事で使うつもりです。
新年おめでとうございます

年初めの4日から三重県立美術館挿絵展をしてもらっています。初日も翌日もたくさんの人が観に来てくださいました。ありがとうございました。自分の描いたものを美術館で展示してもらい、それを観るというのはちょっと怖いことです。私は他のイラストレーターより上手じゃないとずーと思って来ましたから。会場で1枚1枚観て歩いて、今は描けないなあと思いました。そしたら自分のさせてもらって来た仕事という気持ちから距離を置いて観ることができました。で、よく描けたなあ、みたいな気持ちになりました。時間と興味がありましたら、見に行ってくださるとうれしいです。それで今年初めてのお買い物ですが、津の羽木さんの案内でおいしい餅菓子を食べ歩きしましたが、残念なことにみんなお腹の中。それで今週末撮影に使う靴下の買い物にしました。

新年おめでとうございます
写真は津の「とらや」の和菓子いろいろです。餅菓子の「苺大福」と「パイン大福」はお腹の中に収まってしまいましたので見てもらえません。「とらや」では季節の果物が大福に包まれるそうです。桃の時期は「桃大福」が出るそうです。今は「パイン大福」がおすすめ。ちょっとすっぱくておいしかった。そのうち東京の和菓子屋さんもつくるんじゃないかなあ。三重は案外挑戦しているみたい。ずいぶん前に伊賀に行った時、元祖苺大福を頂きました。名古屋が元祖といわれている「天むす」は実は津なんですって。私たちはおいしければどこが元祖でもいいのですけどね。でも「苺大福」は津の「とらや」のがおいしいと私は思います。

14/01/07




ユニクロのヒートテックの下着
婦人物長袖下着とレギンスタイプの下履きです。試してみて長袖下着はもう手放せなくなりそう。レギンスは今まで使っていた他のメーカーの値段がちょい高めの方が暖かい感じがしましたが。
ユニクロのヒートテックの下着

お寒うございます。いよいよ本格的な冬になりました。暖かい下着が必要です。「下着を買うならユニクロのヒートテック」とまわりの者の推薦で、ユニクロに行きました。駒沢にもユニクロはあるんですよ。IOGショップのすぐ近所です。店内は倉庫みたいなんですね。分類された衣類がラックに積み上げてあります。ヒートテック下着の種類も豊富で、どれを買おうか迷いました。で、悩んで選んだつもりでしたがうちに帰って出してみたら、下着をなんと3枚も買っていて、一番欲しかった下履きのレギンスは1枚だけだった。興奮したり迷ったりすると私はいつもこんな風。どれも一枚1000円以下なんです。すごい安いと思います。

ユニクロのヒートテックの下着
半袖の下着です。上は子供用で下が婦人物です。形も違ったけど素材も違うみたいでした。

13/12/24




サイドゴアのブーツ
サイドゴアは横にゴムがついているタイプです。これによって着脱ができるようになっています。今回のは前後にひっぱって履ける持ち出しがついていました。それが特徴でした。
サイドゴアのブーツ

前にドーバーストリートマーケットギンザのコムデギャルソンでサイドゴアのアンクルブーツが出たけど売り切れたと聞きました。残念!サイドゴアのブーツなら履きたいと思っていました。青山のコムデギャルソン店から地方のお店をさがしてもらって、おとり置き期日をすぎてしまったものを回してもらえることになり、とうとう買えました。コムデギャルソンでは一番小さいサイズが23センチです。私のサイズは22、5センチ。今までもコムデギャルソンでは23センチのを買って履いています。だから大丈夫。今回は底に1枚底敷きを入れて履くつもりです。私は足の形が悪いから靴がすぐくたびれます。良い靴もすぐ形がくずれます。ものすごーく不経済です。よく履いて長持ちさせるのはむつかしい。このサイドゴアのも一冬で情けない形になりそう。靴に申し訳ないです。

サイドゴアのブーツ
男っぽい形です。でもダニエラさんのワンピースにも格好よい(友人のみかんさんはそうやって履かれていたなあ)。そういえばずいぶん前のコムデのサイドゴアはゴムが伸びてしまって大人の私は履けなくなってしまったけど、当時スタッフだったおしゃれな女の子が履きたいというからあげた。その子が履いているとすっごく格好よかった。伸びたゴムがまたいい感じに見えてた。

13/12/17




竹崎万梨子さんのストール
大きさは70cm×245pです。大きいでしょ。これを持ってこの冬は京都のアパートにも行きます。京都の冬は寒いもの。
竹崎万梨子さんのストール

私が買った竹崎さんのストールは、ジャーン!この茶色のでしたー。2日目以降見に来てくださった方は売約済みになっていたのです。初日は我慢してお客様の様子を見ていましたが、翌日とうとう買ってしまいました。茶色は染め色じゃなくて羊の毛そのままの色だそうです。会期中伺った竹崎さんの羊毛の話は愛に満ちていました。原毛のゴミをとって洗ってほぐして依って糸にして縦糸を通して織っていく等の作業を、竹崎さんはすごく愛していらっしゃるのです。その竹崎さんのつくられたストールとともにすごせるこれからの私の冬は幸せです。うれしいです。あっそれから竹崎さんのストールの魅力は竹崎さんご自身のいいセンスです。

竹崎万梨子さんのストール
こんな毛です。野性的です。ヘブリディアンという種類です。希少らしいです。
竹崎万梨子さんのストール
これ1枚あればコートはいらないぐらい。

13/12/10




口紅を買う
左のが新しい口紅で、右のちびているのが今までの。口紅を塗ると見た目じゃなくて自分が元気になれるのはどうしてだろう。本当に塗るだけでしゃっきりして、しゃんとする。本当に。
口紅を買う

口紅、眉墨とアイラインのペンシルはずーとシャネルを使っている。口紅がちびてきたので新しいのを買った。使ってきた赤が廃番になっていたので、似たような赤を買った。前のよりちょっと青みが強いかも知れない。他の化粧品メーカーのことは分からないんだけど、シャネルの口紅の色はけっこう変わる。3本目を買う頃は色が変わっているような気がする。微妙に流行色があるのかも知れない。ファンデーションはまったく使わないから、そちらの色の流行は分からないんだけど。

口紅を買う
99の番号のが新しい色の。右の14は廃番みたいだった。

13/12/03




新年から使う財布
赤と私は思っているのですが正式には橙(オレンジ)色だそうです。このパーッと明るい赤は元気になれます。
新年から使う財布

いよいよ今年も後わずか。まあちょっと早いけど今日は新年から使う新しいお財布の買い物です。毎日使うお財布はどうしてもくたびれが早い。お財布はあんまりくたびれたのを使っているとお金が入ってこないみたいなことを聞いたことがあって、新年から使うつもりで新調しました。カード入れ2種類などもこの赤なのでまた同じ色のです。赤い色は目立つから私の黒い大きいバッグの中でも取り出すのにいいのです。新しい赤いお財布は買い物をした時「あらきれいな赤ですね」とかいわれます。くたびれて汚くなった古いお財布はそういう会話に発展しませんね。新年から使うものの買い物はこの他に仕事の予定を書き込むノート。私はほぼ日のWEEKS。お財布もダイアリーも気に入っていればリピーターです。どちらも私にはとても使いやすいものです。

新年から使う財布
右上が2代目。その左が現在使用中の。下のが新調の。どれも革が違うみたい。新しいのはつやなしみたい。新年になったら2代目を捨てる。ひとつは別使用のお財布に残す。

13/11/26




久しぶりに着物を着る
のびる綿キャラコの足袋は思っていたより履き心地も、見た目もよかったのです。左が足袋カバーです。足袋カバーは足袋が汚れないように足袋の上から履きます。およそのお家に上がらせてもらう時に汚れた足袋では失礼だから。
久しぶりに着物を着る

土曜日友人と一緒に歌舞伎を見に行くことになっていました。当然着物を着ていく予定でしたが、あいにく足の親指の巻き爪の状態がよくありません。ぴったりの足袋は履けないと思ったので、のびる綿キャラコの足袋を買いました。でも履いてみなくては分かりません。いよいよだめならニット地の足袋カバーを履くのも方法かも知れないと考えて、新しい足袋カバーも買いました。ついでに前から試してみたかった着物用のパンティも買いました。久しぶりに着物を着ての歌舞伎鑑賞はなかなか楽しいことでした。のびる綿キャラコの足袋は外反母趾の人にも良いと説明がありましたよ。

久しぶりに着物を着る
袋から出したのびる綿キャラコの足袋です。見た目も悪くありません。履き心地もよかった。
久しぶりに着物を着る
着物を着ていた昔の女性の下着は腰巻きでした。パンティは洋服のもの。着物を着るときは股上の浅いパンティをはいていました。これからはこのタイプのにしようと思っています。

13/11/19




伊勢丹新宿店地下食品売り場
左が調味料を使用した料理例つき本。右のは伊勢丹のほぼ日作製地下1階マップです。
伊勢丹新宿店地下食品売り場

先日ほぼ日さんに仕事で伺ったら、『食いしん坊のための調味料ーほぼ日×伊勢丹新宿店ー著者武井義明×松田智華』主婦と生活社刊の本を、武井さんから頂きました。伊勢丹ぞっこんの武井さんの食品売り場の話は、もう”うずうず”するほど魅力的で、とうとう本日本を片手に行ってきました。本日はこれだけしか買いませんでしたが、ここのところ新宿に行く用があるので少しづつ楽しみたいと思います。それにしてもおいしいに関しての情報はうれしいです。武井さんのお話に寄ると地下2階の売り場もよさそうです。次回の楽しみです。

伊勢丹新宿店地下食品売り場
この4種類が本を見て買った調味料です。クリームチーズは特別においしいらしい。それで4個も買ってしまった。
伊勢丹新宿店地下食品売り場
つい買ってしまった食材。神茂のはんぺんは昔よく買っていたので懐かしくて。町村農場のバターやクリームチーズがおいしいなら、原料の牛乳もおいしいだろうと思って買いましたよ。スパゲティはおいしそうだったから。ちりめんじゃこももちろんおいしそうだったから。ハハハハ、おいしい食材の買物は大好きです。

13/11/12




エントアンのニューフェース
黒は黒でいいのです。ファスナーが頑丈でちょっと男っぽいポーチです。
エントアンのニューフェース

昨日からエントアンの櫻井義浩さんの展示会をさせてもらっています。新しいデザインの靴もあります。それにしても革はいいものとよくないものがはっきりしてるんです。櫻井さんの履いておいでの靴も置いてあるのですが、それがいい感じ。いい革は育つんですね。うちの商品として作ってもらっているトートバッグですが、前にお客さんから修理に預かったのを、スタッフが洗濯機で洗ったことがありました。汚れが取りきれないところはブラシで洗ったそうですが、見事にきれいになりました。革がよいからです。今回の展示会のニューフェースはトートバッグの残り革でつくったポーチ。大きさは3種類あります。私は悩んで黒を買いました。赤もいいのですよ。

エントアンのニューフェース
これが赤のポーチ。いい赤ですよ。櫻井さんの赤いトートを持っている人はお持ちになると楽しいと思う。

13/11/08




humoresqueのアームウォーマー
こんな布の袋に入れてくださった。たのしい!
humoresqueのアームウォーマー

『大人のおしゃれ6』でダニエラグレジスの服のお話をうかがった滝本玲子さん、『大人のおしゃれ8』で「MARCCO」の増田さんのお客さんとして出て頂いた渡辺由夏さんが、ファッションブランド「humoresque」をなさっています。新しく開店された西麻布のお店がとてもすてきです。私はカシミヤのアームウォーマーの黒を買いました。「a.」もアームウォーマーを作っていますが、レッグウォーマーを兼ねて使用してもらえるようにしたのと素材がウールなのでちょっとカジュアルです。両方あると良いかもと思って買いました、うれしいです。

humoresqueのアームウォーマー
布の袋の中には紙の袋に入った買い物です。
humoresqueのアームウォーマー
アームウォーマーです。リブ編みが結構長い。カシミアの手触りがいい感じ。

13/11/05




米子空港で買った食品
左はイカ一枚+カレイ2枚+サバ3枚のセット。右はサバの代わりにアジの干物セットです。冷凍です。
米子空港で買った食品

前回『一月と六月』さんの帰りに飛行場の売店で気になっていた干物を、今回とうとう買ってみました。決めてはカレイ以外は添加物なしの塩だけだったからです。これらは冷凍ものだから冷凍品として送ってもらえるので、すぐに食べなきゃいけないわけではないと思って買いました。さっき配送されたので、中を確かめて写真に撮りました。後は口にあうかどうかだけ。でも米子なら日本海のお魚だしおいしいはず。私は飛行場の売店であんまり買物をしない方です。でもこれがおいしかったらこれからはいろんな空港で利用しようと思っています。今日もう一つ配送されたものがあります。枝豆の頂き物です。今晩の夕食に干物と枝豆、いい組み合わせです。とてもうれしいです。

米子空港で買った食品
サバの方のパックを開いて中のものを出してみました。シンプルでいい感じな干物です。
米子空港で買った食品
ぷっくりおいしそうな枝豆です。送ってくださった人のお知り合いの畑のものだそう。

13/10/29




今期の展示会最後は境港の『一月と六月』さんでした
展示会場の様子です。
今期の展示会最後は
境港の『一月と六月』さんでした

26日土曜日に伺いました。この日台風27号の動きがとても心配でした。でも太平洋の海の上を通ってくれましたので、無事に米子空港に着いたのです。よかったでした。今回はできるだけコーディネイトをして展示してくださったので、とても見やすくお客様達も好みのをいろいろ試着くださっていました。『一月と六月』さんではバリエーションも考えてくださって、前の商品も見てもらっています。伺うのはこれで3回目かな?前に来てくださった方もたくさんいらっしゃいました。うれしかった。それから米子空港はなかなかいいです。お土産にしたいものも多いのです。また来年も開催して頂けるといいなと思いながら日帰りで戻ってきました。31日までやってくださっています。

今期の展示会最後は境港の『一月と六月』さんでした
こんな風にコーディネイトをしてくださっていました。
今期の展示会最後は境港の『一月と六月』さんでした
ご主人が一月のお生まれで奥様が六月生まれだから、店名を『一月と六月』とされたんだそうです。そのご主人阿部義弘さんには以前特集の「A.おしゃれスナップ」に出て頂いています。今回は昨年の裾リブパンツを気に入ってくださってはいてみてくださいました。ジャケットは愛用してくださっているA.のウールの裏なしです。

13/10/28




カシミヤカーディガン
半地下の寝室はかなり暗いので、どうしてもぶれますねえ。これでもましな1枚なのです。
カシミヤカーディガン

『a.』のカシミヤカーディガンです。ずいぶん前から大人になったらカシミヤのセーターを着るのがいいみたいなことを聞いたり読んだりしていました。良い素材の服はお値段もいいから大人向きではあるんです。良い素材は年齢を重ねた肌や体や気持ちにそってくれるようにも思います。大人向きで普通の形の服を作りたいと始めた『a.』ですから、いつかカシミヤのセーターを作りたいと思っていました。私には念願でした。これは国内で糸にして編んでもらっているものです。ちょっと地厚です。つまりいいカシミヤです。だからふつうの形のものにしました。どちらかというと長めです。メーカーの話に寄ると、4年後はもっと素材がよくなっているんだそう。しっかり着て4年後どんな手触りになっているか楽しみです。色は黒と赤。形はクルーネックとタートルネックもつくりました。私は黒を買いました。

カシミヤカーディガン
商品としては黒と赤ですが、サンプルとしてこのような色も作ってもらいました。来年は黒赤以外の色も作りたいと思っています。この中ではベージュかな?

13/10/23




掛井五郎さんのアクセサリーは宝物
前々から決めていた2つをやっぱり注文しました。
掛井五郎さんのアクセサリーは宝物

連日たくさんの方がこの度の催しににおいでくださいました。とうとう今日が最終日です。で、私もいよいよ注文。撮影もしましたしだいぶん前から何度も見ていますので、決めてはいたんです。でも最終日まで悩んで悔いのないようにと思っていました。実は最初に欲しいと思ったのが今日までぶれなかったので、心残りなく本日注文しました。私がショップに居りました初日に、ご主人のかたみとおっしゃって、掛井さんの大きなアクセサリーをお持ちくださった方がおられました。そのアクセサリーは大きくてすばらしいものでした。その方は今回のもひとつ注文してくださいました。また息子さんと来てくださった方は息子さんに誕生日プレゼントとして買ってもらわれていました。それからご主人と来てくださった方も多かった気がします。ショップの者の報告ではおしゃれな方も多かったと聞いています。今回のはアクセサリーといっても何処にでも売っているものではありません。こういう特別なものは機会を逃がすと再び出会いがないことが多いのです。本日集計をして今週中に注文します。1ヶ月半後には出来上がってきます。楽しみ!

掛井五郎さんのアクセサリーは宝物
裏返すとペンダントヘッドにする紐通しとピンがついています。ブローチにもできるんです。
掛井五郎さんのアクセサリーは宝物
これはどなたも注文されていないらしい。そう聞いたら興味が湧いて、よくよく見たらKAKEIとサインが入っていました。作品として飾ろうと思ってこれも注文してしまいました。作品はこんなお値段では買えませんから、すごく得した気持です。

13/10/15




面白い小説
道尾秀介と西加奈子のはなにかの情報誌で最近の本の紹介で知ってまとめて買いました。たくさん買ったけど好みのと好まないのがありました。そんなものです。読んだら人に回しています。
面白い小説

仕事で地方に行くことが多いので、移動中とかホテルでの時間つぶしにはむつかしくない小説を読みます。読んでしまったらほぼ読み返さないので、取っておかないものが多い。持ち歩きが便利な文庫本はとてもいいのです。でも面白くないのを買ってしまうとたとえ文庫の値段でも損した気がするので、選ぶのは慎重です。吉本ばななや井上荒野や川上弘美の小説はまとめて読んだし、三浦しおんもかなり読んだし、最近は西加奈子に入って、今は道尾秀介あたりに集中しています。でも人気の作家さんのでも私が面白いと思わないのも中にはあって、するとその時点で他の作家さんのをさがします。最近の本屋大賞も選ぶ基準にしていて、その作家の入門書として読むこともあります。なにしろ読んでみないと面白いかどうか分からないものですから。面白い読み物を表紙とタイトルで選ぶのはなかなかむつかしいけど、気に入る音楽を選ぶのはもっとむつかしいのです。今時CDを買っているのはまだまだiTunesで音楽の買い物ができないから、アマゾンでCDという形になっているのを買います。まあ私の買う音楽はクラシックかジャズだから、もとはレコードの世界だったもの。それがテープになってCDになって、それだってなんとかその進化についてきたようなもの。じつは家の仕事部屋の再生機器はテープも再生できる古いB&Oなのですが、少し前から時々CDを再生しなくなりました。でそれにipodをつないでスピーカーとして使えるようにしてもらったので、手持ちのCDをipodに入れてもらって聞くようになりました。それにしても小説を買うのも音楽を買うのも、結局何かの情報で興味を持つことからがまずの買い物のとっかかりなんです。音楽の情報は雑誌からのも多いかな。

面白い小説
ビルエバンスはこのところの買い物。ポールチェンバースはちょっと前の買い物。私はジャズピアノが好みです。クラシックもオーケストラものよりピアノかチェロのものが好みです。

13/10/08




これエプロンです
このような鳩目がついた布プラス黒ひも3本のセットになっています。
これエプロンです

仕事先で買ったエプロンです。仕事着としてのエプロンだそうですから、主婦向けのエプロンしか見たことがない私には新鮮でした。長方形の四隅を縫った布に大きい鳩目の穴が開いていてそこに紐を通して胸当てエプロンにもギャルソンエプロンにもショートエプロンにもできるんです。ここの会社ではシャツとかパンツとかのワークウエアも作っていて、その中のエプロンなのですが、こんな楽しいエプロンならお家でお父さんも家事を手伝ってくれるかも知れませんね。そうだバーベキューの時にこれならお父さんも格好いいと思います。名古屋のCOMMONOreproductsという会社でつくっていますが、週何日か開店してるそうですので、検索してみてください。

これエプロンです
胸当てエプロンはこんな風にします。
これエプロンです
縦長にして紐を通したら、ロングなギャルソンエプロン。
これエプロンです
2つ折りすればショートのギャルソンエプロンになります。もっといろいろにできるのですよ。

13/10/01




普通だけど普通じゃない
畳んであると普通のカーディガンに見える。だから店頭では長さは分かりません。
普通だけど普通じゃない

丸首カーディガンは十代から着ているから、半世紀以上の馴染みの形です。ほぼ誰もが自分のワードローブに入れていた定番の形です。ちょっと横道にそれますが、カーディガンの由来はクリミア戦争で腕をけがしたイギリスの将校だかがセーターの前を切って羽織れるようにしたのが始まりだと、昔読んだことがあります。つまりセーターは元はかぶる形だけだったのかも。セーターの語源はスエット(汗。つまり汗取り)からきているそうですからやっぱりかぶる形だったと思います。とにかく前開きのカーディガンはちょっと羽織るということができて便利です。だからすでに何枚か持っているんですが、素材違い(例えばカシミアとか)などを買い足したりしてきました。実はこのカーディガンは長ーいんです。それで買ってしまいました。この長さはコムデギャルソンならではです。

普通だけど普通じゃない
こんなに長い。青山店で「これどうです?」と広げて見せてもらって即買う気になりました。

13/09/24


One Day

one day

戻る