イオグラフィックでは夕方、お茶の時間にみんなでおやつをいただきます。
一日のお楽しみ、今日のおやつを更新していきます。

フルーツ大福

どれにしようか悩みましたが、冬限定のみかん『せとか』をいただきました。値段を聞いてびっくり、二度と食べられないかもしれないからしっかり味わおうと集中してがぶり。すぐにみずみずしい果汁が溢れそっと添えられているくらいの求肥と白餡の甘さが上品で、、、大福のイメージを超えたデザートでした。

石井荻原がフルーツ大福(覚王山・東京)を買ってきてくれました。1つ1つかたちが違う大福は、色が透けるくらい薄い求肥と白餡でそれぞれのフルーツが包まれています。私が今まで食べたことがあるのはいちごとみかんぐらいですが、こちらは常時12種類ほどのフルーツ大福があるそうです。めずらしいものだと、キウイ、マンゴー、季節によってはイチジクやスイカも!! 初めてのおやつを目の前にし、スタッフみんな興奮気味でいただきました。江上

大福に付いているオリジナル餅切り糸できれいに切ることができます。断面もフルーツが主役。旬のおいしいものを贅沢に使った特別な大福でした。

21/04/13

下仁田ネギえびせん

1枚ずつ個包装になっているのもいいですね。軽い口当たりの揚げせんは、ビールに合いそうです!

群馬県の名産といえば下仁田ネギ。下仁田ネギ風味の『下仁田ネギえびせん』をいただきました。こだわりの天然えびと米粉を使った生地に下仁田ネギの粉末をふりかけたサクサクの揚げせんべいは、香ばしくネギが薬味のように味のアクセントとして効いています。おやつだけでなく、お酒のおつまみとしても良さそうなおいしいえびせん、ごちそうさまでした。 江上

21/04/06

缶入りクッキー

おいしい焼き菓子はもちろん、かわいい缶もうれしい缶入りのクッキー。すべて食べ終わったら、何を入れようかな〜。

猫のイラストが並んだとってもかわいい缶入りのクッキー(アディクトオシュクル・東京)をいただきました。中には5種類の焼き菓子がぎっしり。フランスの伝統菓子のパティシエがつくる焼き菓子は、味だけでなくそれぞれ食感も違い、一つずつ大切に楽しみました。江上

21/03/30

桜の和菓子

上の桜もちはピンクの生地で餡を巻いています。関西で桜もちといえばつぶつぶの生地で餡を包んだものなので、見慣れない方もいらっしゃると思います。私は関東風も関西風も両方好きです。

桜の季節、花ももちろんですがこの季節ならではのお菓子もお楽しみの一つです。真っ白の米粉のお饅頭に桜の塩漬けがちょこんと添えられた『桜まんじゅう』と『桜もち(長命寺)』(いせや・東京)をいただきました。包みを開けるとふわ〜と桜の葉のいい香りが広がり、かわいらしい桜色に気分が上がります。どちらも餡のやさしい甘味と塩漬けのほんのりした塩気が絶妙で、ほっと落ち着くおいしさでした。江上

21/03/23

文旦のケーキ

パウンド型で焼かれたケーキ。食べたい分だけスライスして、数日に分けて楽しめるのもいいですね。

旬のフルーツ、文旦のケーキをいただきました。しっとりしたケーキは切る時からいい香り。口に入れると文旦ピールのほろ苦さと食感がアクセントになり、柑橘のさわやかな後味はいくらでも食べられそうです! お菓子を手づくりしないものにとって、こんな風にフルーツをおいしいケーキとしても皮まで味わえるのは、特別感がありうれしくなります。ごちそうさまでした。江上

21/03/16

苺のショートケーキ

こちらは直径18㎝の6号サイズ。ムラなくきれいに塗られた真っ白な生クリームとつやつや真っ赤ないちご。これは気分が上がりますよね。

「うわぁ〜おっきい〜!!」石井荻原がホールケーキを買ってきてくれました。こちらは『アルネ②』に掲載させていただいたパティスリークレヨン(東京)の『苺のショートケーキ』。普段、ケーキをホールで買うことがないので、特別感がありウキウキしてしまいます。きれいなデコレーションを眺めるだけでも満たされるのに、切ってしまうのは惜しい気がしましたが、そこは気持ちをパッと切り替えて、みんなでおいしくいただきました!江上

緊張しつつケーキ入刀。お店のようにシャープには切れませんが、こっちが大きいとかいちごが多いとか盛り上がるのもホールケーキならではのお楽しみです。

21/03/09

ひなまつりの干菓子

外箱は四角ですが、内箱は菱形。お行儀よくひなまつりモチーフの干菓子が並んでいます。もう春ですね。

明日3月3日はひなまつり。とってもかわいらしい、ひなまつりの干菓子をいただきました。パステルカラーの小さなお内裏様とお雛様、三人官女にお花、菱餅まで揃ったはなやかなお菓子は、お飾りにもぴったりです。ひなまつりまでは目で楽しみ、その後ゆっくりいただこうと思います。江上

21/03/02

チョコレート

素材もかたちも違うチョコレートを、こんなにいっぺんに味わえるなんて幸せです。ごちそうさまでした。

先日のバレンタインデーに、丁寧に手づくりされたいろんなチョコレートの詰め合わせをいただきました。ナッツ入り、抹茶、ミルク、ガナッシュなどなど目移りして迷ってしまうたくさんのチョコレートに食べる前から幸せな気分です。1年に1度の特別なおやつ、ちょっとずつ大切にいただきました。江上

21/02/24

どらやき

きれいに焼き色のついた生地とたっぷりのつぶあんに、食べる前から顔がほころびます。

有名な『うさぎや』(東京)のどらやきをいただきました。こちらは阿佐ヶ谷の『うさぎや』さん。筆で描いたようなうさぎのイラスト入りの袋に入っています。手のひらに乗せるとずっしり重量があり、甘い匂いがほのかに広がってきました。撮影のために半分に切ってみると、つやつやのあんこにぷっくりとした小豆がごろごろ見えます。生地はふっくらしていますが弾力もあり、あんこに負けず口の中に入れても存在感があります。いっぺんに食べきれるかな〜と思いましたが、甘いのに口当たりがいいのでぱくぱくと1個食べてしまいました。名店と評判のものは、やっぱりおいしいのですね。ごちそうさまでした。江上

21/02/16

前のおやつ