イオグラフィックでは夕方、お茶の時間にみんなでおやつをいただきます。
一日のお楽しみ、今日のおやつを更新していきます。

玉子タルト

『玉子タルト』の発祥はポルトガルの修道院だそうです。紙袋のイラストも黄色いテープもかわいい。
子供の手におさまるくらいのサイズ。横山は「これなら3個いけます!」とにこにこ顔で食べていました♪ たしかに、3個余裕でいけるおいしさです(笑)

今日のおやつはいただきものの『玉子タルト』。東京・富ヶ谷にある「ナタ・デ・クリスチアノ」という人気店のものだそう。1個ずつ紙袋に入っていて、裏面に「おいしい食べ方」が書いてありました。その食べ方の通り、横山がオーブントースターで5分ほど温めると部屋中に香ばしくて甘いいいにおいが。さっそく熱いうちにいただきま〜す! まわりの何層ものパリパリッとしたパイは少し塩味があり、中央の玉子の黄身色したカスタードはやさしい甘さでした。

17/06/27

ポストカードティー

ポストカードサイズのかわいいイラストが貼ってある箱です。
下がポストカード仕様の裏面、上が箱の中に入っている紅茶。おしゃれな贈り物ですね〜!

「これ、ロンドンから友達が送ってくれたんです!」庄子がバッグからそっと出して見せてくれたのは、かわいいイラストが描かれた四角い箱。裏返すと、宛先とメッセージを書けるポストカード仕様になっていて、中は同じイラストのパッケージに入った紅茶が。なんて洒落ているんでしょう〜、さすがアフタヌーンティーの国です!! 海外からエアメールが届くととてもうれしいですが、さらに紅茶もだなんてうれしいびっくりですよね。お店にはイラストの種類もたくさんあるそうです。ロンドンに思いを馳せながら、ゆっくりおいしい紅茶をいただくひとときでした。

17/06/23

みかん大福

この写真で大きさの違いが伝わるでしょうか。。。左がみかん大福、右が通常の豆大福です。やっぱり大きいですよね。
包んでいるお餅もみかん色。お餅とみかんの間には白あん。知らずにかぶりついたらきっとびっくりしますね。

「みてみて〜」と出先から帰ってきた大橋が「この大きさもいいでしょ、思わず買っちゃった〜」と少し興奮しながらうれしそうに開けた箱の中には、うっすらオレンジ色の大きな大福が! 集まったスタッフも恐る恐る覗いてみるとたしかにお相撲さんのようにど〜んとしていて、隣の普通の大福と並ぶと1.5倍くらい。みかんが丸ごと入っている『みかん大福』は、本店は金沢にある和菓子屋さん「村上」が渋谷ヒカリエ店で販売されていたそう。大きいので1つを半分こしてみんなでいただきました。果汁の酸味と餡の甘さが新鮮なおやつでした!

17/06/20

マカデミアナッツチョコ

パステルカラーで描かれたすてきな箱も乙女、、、いえ、女心をくすぐります。
箱を開けると、ごろごろっとマカデミアナッツチョコ。ハワイからようこそ日本へ! いただきま〜す。

荻原がいただきもののハワイお土産を持ってきてくれました。「あ〜この箱は!!!」そうです、『THE KAHALA HOTEL & RESORT』のマカデミアナッツチョコ!! ハワイに行ったことがない江上はその存在を知りませんでしたが、以前にもいただいたことがありイオグラフィックで初めて口にし、今までのマカデミアナッツチョコってなんだったのかと思うほどのおいしさだったのです。また再会できるなんて☆ チョコは絡める程度、95%くらいナッツというナッツメインの特別なマカダミアナッツチョコはやっぱりおいしかったです。

17/06/16

みすゞ飴

ぶどう、三宝柑、あんず、りんご、桃の5種類。お子様から大人まで喜ばれそうです。
こちらはあんず。色鮮やかで透明感があります。

荻原のお母さんのご実家、信州の銘菓『みすゞ飴』(株式会社 飯島商店)をいただきました。箱を開けると白い紙包みにうっすら色が透けたお菓子が上品に並んでいます。明治末ごろから、信州特産の果物の果汁に寒天を加えて作り続けられているそうで、飴といっても歯ごたえのあるゼリーというか、グミのような独特の食感です。個包装され、見た目もキラキラきれいな和菓子。大人のお持たせにおすすめです!

17/06/13

あんみつ

手前が定番のあんみつ、奥がフルーツあんみつです。
じゃんけん大会を勝ち抜いた庄子。フルーツあんみつを手にこの笑顔!
下に寒天、上のカップにはあんこ、求肥、白玉団子など豪華トッピングが。
寒天の上にトッピングを盛り付け、黒蜜をた〜っぷりかけていただきま〜す♩

生まれも育ちも東京下町の荻原が、亀戸の船橋屋で買ってきてくれたおやつは2種類のあんみつ。一つは定番のあんみつで、もう一つはフルーツが入ったあんみつ。ここは公平にじゃんけんで選ぶ順番を決めるのがお決まりです。本日勝ち抜いた庄子が選んだのはフルーツあんみつでした! 船の形をした容器にはたっぷりの黒蜜。冷たく喉ごしのいい寒天にあんこや求肥などのトッピングが黒蜜でからまりあって。。。「夏の味がする〜」と思わず声がでるおやつでした。半分くらい残った黒蜜はもちろんみんなお持ち帰り。ヨーグルトやバニラアイスにかけて楽しむそうです。

17/06/08

西表島産ドライパイン

パイナップルと西表猫?のオリジナルマークがかわいい。
あんずかな、と思うくらい色が濃いんです。果肉が厚くて歯ごたえも別格です。

「母の西表島旅行のお土産です」と庄子が持ってきてくれたのは、なんとも高級感漂う西表島産のドライパイン!! 国産のパイナップル、しかもドライ。初めてお目にかかかるお品ものにみんな注目しつつ封を開けると、フワ〜っとパイナップルのいい香りが広がり、通常のドライパインよりぐっと色が濃い果肉がごろんと出てきました。おいしいにまちがいないと思いつつ、口に入れると肉厚で果汁がぎゅうっと濃縮されたような濃い風味が。。。おいしいっ! 中にメッセージが添えられていて、『このドライパインは島のおばぁが愛情をこめてひとつひとつ丁寧に手作りしています』と書かれていました。島の温かい思い、しっかり届きました〜!

17/06/06

焼き菓子3種

上品なパッケージに、開ける前からワクワク。
きちんとした焼き菓子はなかなか自分用には買えないので、その佇まいに緊張感が走ります(笑)いただきま〜す!

今日のおやつは頂きものの焼き菓子。ステキなブルーのラベルに「BIEN-ÊTRE PÂTISSERIE」と印字されていました。代々木上原のフランス洋菓子屋さんだそうです。まあるい2枚のクッキーにプラリネがサンドされたプラリネショコラはちょっとビターな大人の味。フロランタンはキャラメルのほろ苦い甘さとアーモンドのザクザク食感がリッチなおいしさです。白くてかわいらしいヴィエノワ(絞り出しクッキーのことだそうです。初めて知りました。。。)は口の中でほろっと砕け、しっかり甘くて紅茶にぴったり。3種類もいっぺんに味わえて贅沢なおやつでした。

17/06/02

くるみクッキーといぶりがっこ

どこか懐かしいくかわいい箱に10個入り。
ぎっしりのくるみ。一つで満足感があります。
渋いパッケージに期待大。個包装されているいぶりがっこはみんな初めてです。
封を開けると燻した香りがいっきに広がります。歯ごたえよくしょっぱすぎずあとをひくおいしさです。

京都店のスタッフから東北お土産が届きました! かわいい箱に並んだ光原社のくるみクッキーに盛岡の物産館モーリオのしおりが入っていました。クッキーの間にはたっぷりのくるみ。香ばしくやさしい味でした。もう一つは秋田名産の漬物、桜食品のいぶりがっこ。さすがお酒が大好きな京都店スタッフ、個包装されたいぶりがっこはお酒のおやつ(おつまみ)にぴったり。同じくお酒をたしなむ梅田は、「いぶりがっこにクリームチーズがおいしいの~、持って帰ろうっ♪」と大喜びです。甘いものとしょっぱいもの、東北のおやつセットでした。

17/05/30